お庭の「チョイ変え」おまかせあれ

2016.12.10   カテゴリー:リフォーム事例, 八幡の職人, 左官工事

よく現場で聞かれます。『あなたの会社はどこ?』

八幡工業のホームグラウンドは葛飾区なので
「寅さんのふるさとです!!」  と、わかりやすく答えます。

『あ~  「男はつらいよ」のお団子やさんのあるとこね。』

と、日本全国だいたいわかってくれます。

tora

今日のお話は、その地元・葛飾の工事のご報告です。

正確に言うと 会社は葛飾区の西水元なので、

「寅さん」のふるさと葛飾・柴又とは少し離れているのですが

寅さんに描かれているように職人さんが多く暮らしている町です。

0165e2d0475c6ead778081ef96628ae17bd3793a30

さて、無理くりな つながりですが、

今回のお宅はそんな自動車整備の職人さんであるご主人のO様邸。

一年前に建て売りで購入されたお家の庭のリフォームを依頼されました。

『 この芝生を取って自転車置き場にかえてほしい。』
というリクエストにお答えしました。

0101cff1cd426ea08d2f29d76936d975f4f3bbfd71

※ では順を追って工事の流れをお見せします。

まずは芝生のあるお庭のフェンスを一部撤去して、植木の針葉樹を3本抜きました。

そして、自転車が乗り入れやすく 境界のブロックを壊します。

017017f00041314cc40934efdb0d6e07f35cb0abe5

あれ!?  社長さん?

015177d36e7f5cff30055105c1582effb5896effe8

やっぱり  八幡社長です。
生涯現役!! 一職人です。
腰が痛いとといいながらも がんばって働く えらい社長です。
スコップで15センチくらい土をおこしています。

01945e97418c30ce794206c7830bcc4e1036aa3290

掘り返した土をダンプに積むと山盛りです。
結構な量の残土になるのが不思議。
これを処分場に捨てに行き本日はここまで。

011da87d8f27129e85a62b47720e7e5b35444a8af8

翌日、砕石を敷き詰め ランマーという機械で転圧をかけます。
そのあと、ワイヤーメッシュを敷き込みます。
これひび割れ防止です。

01d1b3c708d3e0d6f5e2cdb02b72c0af794562ed00

緑のテープは生コン打設の際の 目安の墨出し

01cc3432bf348cd8bf1efca921912107db408cf8cc

ちなみに、これは芝生との境界。
奥に生コンが流れないように土留めのブロックを積み、
フェンスを付け替えた様子です。
さすが、左官屋 ちゃんと鏝で表面をきれいに仕上げていますね。

011d2963501b972a27f54ecda413814d4b1cb1b46c

翌朝、生コン車が到着。

017c809117651caae9c9d60399506fee9b2a0d2370

さあスタンバイOK!! ってここでも社長~。

01ef6b634c4c295cc5f216950777fe995b62ef7a74

生コン投入

0194cebde2ea3c01fd26b21b9d1dea0e91942e0ca3

手前は、これ以上流れないように 板で止めます。

01ac27ec4e6580d30190f6fca4bee6ce311b646b78

コンクリート打設完了。

流した量は1立米ほど、30分程度で終了。
生コンを均すのに大忙しで、社長が鏝で押さえているところ撮り忘れました・・

0193050e4c7fe188d8ee20aaa2ed5b95c7218ced07

その日の夜。
雨が降ってきたのでパトロール、シートをかけ流れないことを祈ります。

010490d392578c2e7a6df3c59e1937030bcdf24c56

翌朝、シートを外したら お~セーフでした。

新たに作ったブロックの部分にはもともとの土台にあわせて
クリーム色のジョリパットを塗って仕上げます。

0118177636d42190c6c313c36fea86760670e72ccb

乾いたら 土を埋めもどし芝生をはります。

011ee65bde7afa5eb27477bb0b3cf833c5a30b01c4

完成しました。

雨の水が溜まらないように手前に向けて勾配をつけてあります。
最後に水を流して しっかり確認しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【  まとめ  】

お庭の「チョイ変え」は、 ヤワタにおまかせあれ !!

八幡工業は 左官屋ですが、壁だけじゃなく 外構工事も承ります。
こんな風にちょっとした 土間でも結構ですので、
なにか暮らしで不便だな~~
ここ、こうしたら便利になるのにな・・・。

というところがありましたら どうぞお気軽に ご相談ください。
細かいところまで 気を配って、かならずや みなさまのご満足いただける
いい仕事させていただきますよ~。

012919c2824a6269a0639de14fe7afa836dc9f7229

Natura Y’s(ナチュラワイズ)
〒125-0031
東京都葛飾区西水元 2-11-17
TEL 03-5876-3375

(有)八幡工業 Natura Y’s(ナチュラワイズ)
〒125-0031  東京都葛飾区西水元 2-11-17
TEL 03-5876-3375

Data

件名: リフォーム 用途: 住宅
区分: 外装工事 エリア: エクステリア
業務範囲: 左官工事,植木工事,塗装工事

現場パトロール × 4

2016.07.27   カテゴリー:八幡の職人, 左官工事, 施工例

こんにちは、スタッフの宮原です。
普段はショールーム・ナチュラワイズで働いています。
先日現場パトロールに同行しましたので、今回はそのリポートをしたいと思います。

IMG_9877

八幡工業では定期的に 社長・専務による現場パトロールを実施しています。

あらためてパトロールの目的をおさらいします。

・作業の進捗状況を確認
・職人さんに現場で施工の問題点がないか など聞き取り

・養生や、道具の整理整頓、清掃がきちんとできているか
・足場や危険個所のチェック、服装(ヘルメットの着用など)
・あいさつ、作業態度、作業性
・他の職人さん、近隣の方に迷惑がかかっていないか
・・・・・・・・・ などなど。

いろんなことをチェックしながら現場をまわっていきます。
この日は 午前・午後で4件 パトロールしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1件目:国分寺 新築戸建て住宅の外壁
ここでは新築戸建ての外壁下地を施工しています。
ちょうど 職人・不動さんが軒天のモルタル下地を塗っているところでした。

この部分も最終的に 漆喰で仕上がるようです。

0186e5b85ed02530c89fa18cd70e026ad357b56d0a

ベテランの山崎さん、ひび割れ防止のネットを丁寧に伏せ込んでいきます。

013499cc9a932a9094d85103e1e195bcbdaabd4637

IMG_9827

現在、八幡工業ではインターンの学生の受け入れをしており、
そのうちのひとり、田口さんが材料を運んでいます。

01d6ffc0126fdd13f33f5a403e5f469eca8731c88c

IMG_9835

ここでは特に問題点はありませんでしたが、
職人さんから、「バルコニーの天端に早く笠木をつけないと、
雨が入って木が腐ってしまう」 との話がありました。

01caa215d304f21d38e7e2f0efee78b9a57fe6f1ae 019439bfbff07deaba7889e9629de33e1b40c6e804

笠木をつけるのは左官屋の仕事ではないのですが、
気付いたことがあれば報告してもらいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2件目:高円寺 店舗新装工事
駅前商店街の中にある飲食店の工事です。
014a88c57a99d470a0d3636ef379e3c8ad813bc36f

松本さんが、厨房の土間と、外壁立ち上がりの施工をしています。

014f021876fde18b8ff2f68402191df99bd1d81078

店舗は他の職人さんと同時に仕事をすることが多いです。

他の職人さんの邪魔にならないよう、
道具類がブルーシートの上にまとめられていていいですね。

011c73ea30f113c05e67951b4728d6e79ca2b5f58b

この日、工事は大詰め。

現場監督のもと、八幡の左官職人、大工さん、塗装屋さん、クロス屋さん、
と、いろんな職種のみなさんがいて大忙しでした。

013ff10819b09678b77a47fdefa6cecd0068625412

完成したら こちらはラーメン屋さん!

オープンが楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3件目:文京区 新築戸建て住宅の外壁
住居のまわりに目隠しのための外壁があったり、
壁で囲まれた中庭があったり、なかなか凝った造りのお宅です。

012732c6d8972de1cedc1c806fd6614f77baa8e062 016c5bb61233a983e9e8f566950f41f5a7e5825a49

白井さんと岡田さんがジョリパットの仕上げ作業中。

0179a5cc3e6828104a40096efa2677f3e43193b556

外壁の仕上げをしている途中に急に雨が降ってきたため、
急遽、雨よけの養生をしていました。

ここではインターンの上野さんが働いていて、一生懸命掃除してくれています。

01a69427ae9c755457d07200461c6f7c33167f51f1

017fea6c62cd076bf3385a06c90ae97de3a9f67cf6

作業の注意点など、専務から2~3指示をして終了です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4件目:北区 新築戸建て住宅の内装
ここが最後のパトロールです。
入口に材料やゴミが一ヶ所にまとめられていて、見た目にもすっきりしていますね。

01dec7d4cfd83e7b9b904062bfce1e4ddd274cf611 01e02796440d5fa2b25d1a4a80e1501d721dcb497a

中では「カルヌーヴォ」という色漆喰で仕上げの最中です。
頭がぶつかりそうになりながらも、丁寧に塗っていました。

0153a8d4b277fbf8b3050b195af8e5fd4fd81facc4

suna

あともうちょっと。がんばって!
ここも大きな問題はなく、無事終了の記念に専務と職人さんで一枚。

01125a3c6e10a80d843bc9c43664a2a0fcd58d7e43

今回のパトロールは以上です。
仕事中に協力してくださった監督さん、大工さん、職人のみなさん、
ありがとうございました。
また パトロールに行きますので、よろしくお願いします。

下地をつくる。

2015.07.30   カテゴリー:左官工事

汗が吹き出るような暑い中、

現場では若い職人さん2人が

外壁の下地作りをしていました。

この日の作業は、

主に「ベースBラス」の

貼り付け施工です。

「ベースBラス」とは

軽量セメントモルタルの下塗りをあらかじめ施してある

パワーラス。通気ラス張り+下塗りを、1工程でできるので

工期の短縮に貢献する画期的な材料です。

この「ベースBラス」の上に、ベースBモルタルを上塗りして

左官仕上げ外壁用の下地を作ります。

IMG_0408

「どう、進んでる?」と、視察に来た社長が声をかけると

「いやぁ…案外、穴が多くて手こずってます」と職人Fさん。

ただの平面の場合は、そのままBラスを貼り付ければいいのですが

通気口や窓などの開口部がある部分は、ひとつひとつ

その寸法を測って丸ノコとプライヤーで

カットしていかなくてはなりません。

なかなか根気のいる作業です。

IMG_0412

カットが終わったBラスは

もう一人の職人さんがロープに掛けて、

上で待ち構えているFさんが引っ張り上げます。

ボードの重さは一枚あたり15kg(加工前)。

スピード感を大切にしながら、

ケガのないよう慎重に作業をします。

IMG_0424IMG_0414 (1)

そして、貼り付け位置に合わせて、

エアタッカーで1枚のBラスにつき100発以上、

しっかり留めつけていきます。

IMG_0418

丈夫で高品質な外壁を仕上げるために、

これも大切な仕事。

今日のレポートは、

いつもとはちょっと違う左官屋の現場でした。

社長室は、カルクウォール“SPECIAL仕上げ”。

2015.07.16   カテゴリー:左官事例, 左官工事, 漆喰

八幡工業の営業センター&ショールームの2F部分は、

社長室と社員寮(3室)になっています。

元は講習会などに使用する「セミナールーム」と

社員寮が2室あったのですが

老朽化に伴い、この春から大改装がスタート。

今回は、出来上がったばかりの社長室の

施工の様子をお届けいたします。

なんといっても【左官屋の社長室】ですから、

施工方法や材料にはこだわって作りました。

みなさんにも、施工の際のご参考になればと思います。

①   下地は石膏ボード。

まず、腰板部分に墨を打ち、

「デザインストーンシート」を貼っていきます。

このシートは天然石を特殊な方法で厚み2mm程度に剥がしとって

裏打ちをしたもの。自然な凹凸と質感、下地に負担をかけない軽量さ、

カッターでも切れる施工性の良さが特長です。

http://www.dss-iskcorp.com/salespoint.html

(八幡工業NaturaY’sでもお取り扱いをしています)

IMG_3119 IMG_2811

②   下地の石膏ボードの継ぎ目にファイバーテープを貼り、パテ処理。

腰板やチリ周りを養生したら、中塗りにCトップを塗っていきます。

普段は、下地にアク止めシーラーを塗るだけですが、

これでボードの継ぎ目の微細な不陸も拾わずに、

上質な壁に仕上げることができます。

きれいにジョイント処理をしていても、押さえ仕上げでは光の加減

(自然光の調子)によっては継ぎ目の位置が「わかる人にはわかってしまう」場合があるので、念には念を。

なんといっても【左官屋の社長室】ですから。

IMG_2929

③  カルクウォールを塗る部分にミネラル下地材を塗ります。

1回塗りでも十分なのですが、今回はていねいに2回塗りで仕上げました。

その方が、よりムラなく塗布できるからです。

なんといっても【左官屋の社長室】ですから。

IMG_3038

④  ミネラル下地をしっかり乾燥させたら、

いよいよカルクウォールを塗っていきます。

今回は押さえ(スーパーフラット)仕上げ。

腰板(デザインストーンシート)が貼ってある分、

塗り面積が小さいので約12畳ほどの部屋を

職人2人で一気に半日で塗り上げました。

IMG_3075 IMG_3096

最後の仕上げは慎重に…

IMG_3115

なんといっても【左官屋の社長室】ですから!

ブラインドとクーラーも入って・・・完 成 。
IMG_3503 IMG_3504

Data

件名: 用途:
区分: エリア:
業務範囲:

玄関ホールの煉瓦造形

2015.06.03   カテゴリー:モルタル造形, 左官工事, 漆喰

先日、ブログでお伝えしたルピナスハウス様の モルタル造形の施工例をご覧いただいたお客様.

SunY’s カフェにお茶を飲みにこられて、すっかり造形を気に入ってくださったようで

「八幡さん、うちの玄関にもかっこいいの作って!」 と、リクエストをいただきました。

ちょうど工事中の現場に、なにかワンポイントほしいなと思っていらしたようで

さっそくお伺いして写真を撮ってパースのイラストイメージをおこしました。

IMG_1273 漆喰とモルタル造形001

イメージがお気に召したようで さっそく工事に入らせていただきました。

IMG_1355

八幡工業の特殊造形班 岡田君が出動。

先に、正面奥の棚部分に造形を施して そののち、ホール天井・左右の壁を漆喰で仕上げます。

IMG_1352

棚板は大工さんに木で作っていただいたものを アスファルトフェルトで防水処理し、

ラス網をまわしてから 造形用モルタルを塗りつけ彫刻していきます。

IMG_1365

造形に使う道具を見せてもらいました。 大小ブラシと彫刻用のナイフなどを器用に使い分けます。

IMG_1363

棚板は石調仕上げ、 中心の柱はブリックタイルのアメリカ積みです。

短時間で異素材をひとりで制作できるというのも造形ならではの魅力。

最後にエイジング色付けをして完成です。

猫がよろこぶ漆喰のお家!?

2015.05.20   カテゴリー:NaturaY’s, 左官工事, 漆喰

八幡工業・営業の斎藤です。

今週あらたに施工に入らせていただいた現場のご紹介をします。

この日は施主様に現場立会いしていただき

漆喰の仕上げのパターン確認」 をしていただきました。

IMG_0991

と、そのまえに、お客さまとの出会いからちょっとだけ振り返ってみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015年4月

まだ桜の花が咲くころ

建築家の先生がお客さまをともなって

葛飾の八幡工業ショールームを訪ねていらっしゃいました。

お施主さまは、IさんとKさん

ご来店の目的は、建設中の新築の外壁にスイス漆喰を採用したいが

とにかく実物をじっくりみたいとのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、ショールーム NaturaY’s にてお話をうかがい

完成直近のカフェ Sun Y’s もごらんいただきました。

内装の漆喰の良さを直接実感していただいたところで、

当初の目的であるぜひ、外壁の漆喰のイメージをご覧いただこうと

弊社で施工した近くの完成現場をご案内。

ファサード

新製品のカルクファサードで仕上がった壁をみていただくと

『想像以上に いいですね~』と喜んでいただきました。

この日はあいにくの雨降りでしたが、

みなさん 「建物は雨の日にみるべし」とばかり、

「むしろ雨で塗れた壁の状態もわかってよかった」と言っていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一級建築士の齋藤正樹先生が手がけた図面

シンプルなのですが、とてもユニークな設計で

お施主さまの希望とする 『3匹の猫となかよく暮らせる家』

が随所にあらわれています。

たとえば、これは本棚ではなくて

猫ちゃんが遊ぶための仕掛け 「キャットステップ」。

IMG_0980

さて、御見積りは当初 外壁の仕上げのみ、でしたが

予定していなかった「内装も検討してみたい」 とのことで

内装のお見積もりもお作りしてみたところ・・・

後日、齋藤先生から

IさんとKさんが、お部屋の天井・壁も漆喰にしたいです!とおっしゃってます」

と、一転 うれしい展開になってきました。

どうやら、『 石灰の成分は猫のおしっこなどの匂いに消臭性能があります!

そして漆喰の壁はクロスとちがって、「猫ちゃんが爪とぎしない」ので傷つきにくいです!!!』

といった説明に大変ご興味をもたれたようです。

(参考記事は↓ へジャンプ)

http://www.naturalwall.jp/build/894.html

IMG_0998

ということで、最初にもどります。ふ~

(ちょっとだけ振り返るといいながら長くなりました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いままさに平野職長がお見せしているのが

今回、オリジナルの外壁仕上げ

その名も 『 キャットテイル 』 パターンです!

齋藤先生&お施主さま、Iさんの発案のアイデアと命名です。

鏝塗りした漆喰をローラーを転がして表情をつけたのち

鏝で程よく押さえると、こんな感じのやさしい壁になります。

IMG_0994

この壁を見ると

猫ちゃんが尻尾を振って喜ぶとか、(~は冗談ですが)

職人さんが使ったローラーの肌触り感が 猫ちゃんのしっぽ(テール)にそっくり

ということが真相のようです (笑)。

このように、お打ち合わせ時も笑いがたえない

漆喰大好き W さいとう (設計の齋藤先生と自分)の漫才みたいなコンビ!?が

なんとも和気あいあいで、いいお仕事の現場になりそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日はこのあたりで終了します。

施工のつづきは、(W さいとう の活躍もふくめ)

またご報告しますのでお楽しみニャー!!


pagetop