菊水化学工業、キクスイSA工法(コンクリート打ち放し補修工事)

2009.09.26   カテゴリー:左官工法

皆さん、こんにちは。 シルバーウィークはいかがお過ごしだったでしょうか? 秋を満喫した方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 私はシルバーウィーク中 も おかげ様で 『現場』 で秋を満喫することができました。 「仕事の秋。」 最高でした。(笑)
ここ最近は、スイス漆喰の仕事を他の職人にお任せして、菊水化学工業さんのキクスイSA工法を用いて コンクリート打ち放し補修工事 をしています。 今回のブログはその模様を載せていきたいと思います。

P1060196

その前に1枚。 これは弊社オリジナルの缶バッチです。 まずいないとは思いますが。欲しい方はこちらまで。 yosi@fork.ocn.ne.jp (一個あたり350円で送料別途となります。) ちなみにこのバッチ、テレビチャンピオンの収録のとき、あのセイン・カミュが大絶賛したため、プレゼントしたこともあります。 彼も一押しのバッチってことですよ。(笑) このほかに、違ったデザインのTシャツやステッカーなどのもあります。(機会があれば公表したいと思います。) 只今、この缶バッチのデザインで 男性用ボクサーパンツ を制作予定です。 日常はもちろん、楽しい旅のお供になんかにどうでしょうか? どんなシーンでも注目されること間違いなし!!(笑) 出来上がり次第、お知らせいたします。 お楽しみに!

?

さてさて、本題です。 キクスイSA工法とは、コンクリート打ち放しのもつ質感を生かし、さらにコンクリート構造物を酸性雨、中性化等の劣化原因から保護する目的で開発された完全水系化塗装システムです。
作業の流れとしてはこのようになります。
char06[1]
完全責任施工となっており、認証店のみの施工となります。

説明はこの位にしまして、施工写真を載せます。

P1040565

施工前。 この壁は目地を中心にかなりはらんでいたので左官材で調整してからファンデーション工法で施工しました。

P1040571

調整しています。  本業の左官仕事です。

DSCN2303DSCN2316

左官材で調整した後、Pコンの穴を作るための専用シールをはり、(上写真) 次にシールの厚み分左官材を塗ります。(下写真) この際、目地なども造形しておきます。

P1040974

乾燥後シールを剥がすとPコンのある壁に仕上がります。 どうですか? ここまでの作業で出来上がった壁でもだいぶそれらしく見えてきますね。 そして次はいよいよコンクリートの模様をつけていきます。

P1060082

施工の際使用する材料です。  写真右下にあるスポンジのようなもので模様をつけていきます。

?P1060146

アートパウダー(粉状の物)とアクリル60(液状の物)などを使って数種類の色を作ります。 今回は7種類作りました。 色合わせが難しいんです。

P1040981

施工後。ファンデーション工法終了です。 隣接する壁との色合わせもうまくいったと思います。 すいません。施工中の写真をこの時撮り忘れたため、別の場所での施工中写真を載せときます。

P1040840

こんな感じで施工します。

P1040985P1040983

施工完了したものを、近くで見るとこんな感じ。 なかなかうまくできました。 本物そっくりですよね。(笑)

今回の現場では、このファンデーシャン工法を用いての施工を数箇所行いまいた。 その模様もお見せしたいのですが、少し長くなりそうなので今日はここまでにしまして、 次回にしたいと思います。  ではでは。  缶バッチメールまってまーす。

STO工法とスイス漆喰 (仕上げ編)

2009.09.19   カテゴリー:左官工法, 漆喰

前回のブログで、STO工法の左官下塗り材(ベースコート)の施工の様子を載せました。   そこで今回は、その後のスイス漆喰の仕上げの様子を載せていきたいと思います。

P1050010

ちょっとその前に一枚。  先日、城南島海浜公園で撮った写真です。 世間は大型連休中。 飛行機に乗って海外旅行なんて人も多いんじゃないかと思います。 いいな?。 海外旅行!! せめて国内でも。 なにもかもそっちのけで、  いきてぇ??!!!

?
すいません。 少し取り乱しました。(笑) では、本題に入ります。  前回のブログをご覧になっていらっしゃらない方のために下塗り終了時の写真からどうぞ。

P1040755

下塗り材が乾燥した状態です。 所々、白っぽいのは刷毛で鏝波やメッシュのケバ立ちをぼかした箇所です。 (材料の強度に支障はありません。)

P1040757

刷毛でぼかしても、こんな感じでケバ立ったメッシュはというと・・・

P1040759

砥石の様なもので削ってしまいます。こうしておけば仕上がった壁からメッシュが飛び出す心配はくなります。 仕上がりに関する不安要素は事前に無くしておく。 大切なことですね。

P1040744

一通り下塗りの状態をチェックしてダメ直しを終えたら、次はミネラル下地材を塗り残しのないように、丁寧にローラーで塗っていきます。 窓周りなどの養生がはがれかけていたりしていないか事前にチェックしておくとよいでしょう。 念には念を入れて慎重に素早く作業しましょう。

P1040791

がんばれ! もう少し。 急ぎすぎると勢いよくローラーが回って顔に飛んできますので注意ですよ。

P1040767

ミネラル下地材が塗り終わったら、乾燥させて、(夏場なら4時間程度で乾燥します。) いよいよ仕上作業突入です。 ですが、その前にお客様とどんな模様の壁に仕上げるか打ち合わせをします。 お客様の要望に合わせて決めていきます。

P1040789

今回仕上げに使用するのは、スイス漆喰の1.5mm。 0.5mmに比べ骨材が大きいです。

P1040803

仕上がりの模様はこんな感じです。 シンプルに鏝波の出さないものに決定。

?

P1040796

よーいドン! 塗り始めました。 二人とも息がばっちりあっています。 ポーズが一緒。(笑)

P1040780

丁寧に大切に模様をつけて、仕上げていきます。 壁に愛情を込めるんです。(笑)

P1040802

最後に養生をはずして・・・

P1040818

完成。 きれいになりました。 足場を外した写真もどうぞ。

P1060002

P1060006

P1060004

P1060023

?

さすがスイス漆喰。 白さが違います。 しかもスイス漆喰は汚れが付きにくいため、(汚れが付いてもを分解します。) いつまでもこの白さが続くんです。  なおかつ漆喰は空気中のCO2と化学反応を起こしながら石灰岩と同じ成分の炭酸カルシウムとなり、石灰化していく性質があります。  つまりこの家はCO2を吸収して地球温暖化に貢献しているのです。 まさにいいこと尽くしの材料。  「スイス漆喰」 あなたのお家にもどうですか?  個人的には外壁には1.5ミリのスイス漆喰をお勧めすます。  壁に迫力と重量感があり、家が豪華なイメージに仕上がりますよ。  それではまた。

?

?

?

?

?

新小岩 打ち放し補修工事(キクスイSA工法)

2009.09.16   カテゴリー:左官事例, 左官工法

葛飾区の新小岩で菊水化学さんのキクスイSA工法を用いてコンクリート打ち放しの補修工事をしました。

上段2枚目の画像が補修前の壁です。(本物のコンクリート)  その壁が、だいぶ、でこぼこしていたので左官材で1?2?塗り調整してからSA工法でコンクリート調に仕上げました。

上段1枚目、下段2,3枚目の画像が仕上がったものです。(疑似コンクリート)  補修の必要のない周りの壁との色合わせや、コンクリートの模様の流れを作る技術が必要とされ、苦労しました。

Data

件名: 新築 用途: 住宅
区分: 内装工事 エリア: その他
業務範囲: 左官工事,塗装工事,その他

只今 「左官修行中!」 (4)

2009.09.12   カテゴリー:八幡の職人

こんにちは。 斎藤です。 今回は室戸市吉良川町の 白壁 と 水切り瓦 の町を紹介します。

いよいよ 土佐漆喰視察記 も終盤、最後に訪れたのは、室戸市吉良川にある しっくい白壁と水切り瓦の町。

室戸名物! 幾多の大型台風にも打ち勝っってきた土壁の強さを今に伝える 生きる文化遺産。

  • 室戸市吉良川(きらかわ)町
    土佐備長炭の積み出し港として大いに栄えた吉良川までは、高知市内から国道55号沿岸沿いにひた走ること80キロ、
  • およそ2時間のドライブで到着。  さすがに土佐漆喰と言えばここ!! といわれることだけあり、現在する建物の数の多さ、
  • 保存状態、町並みの様子も含め、 見所満載! はるばる訪れただけの価値がありますね。室戸の海を真近に臨み、集落のすぐ裏は山というのどかな町。006灯り取りための 「虫籠窓」 があったり、職人が腕を競うよう塀や壁に動物の彫り物が作られていたり、どの家もそれぞれ味わいが違います。007見てください!この仕上げの素晴らしさ。  この隙間、水を流すための細工なんでしょうかね。 まっすぐな線と、 優しく滑らかな曲面、 ここまでいくとデザインの領域ですね。山側の上町地区は、 江戸中頃の方形にの農家型の地割りで、周囲に 「石ぐろ」 と呼ばれる川原や浜の様々な石を使った 現代美術品!? のような石積みのある通りがあります。003

    また、大正時代、新たな建築材料として 「レンガ」 を利用した壁の家もあったりと、時代の移り変わりも垣間見られ実に興味深いです。

    005

さて、ここは国認定の重要伝統的建造物群保存地区でもあり、

大型観光バスで町並み歩きをしている団体さんにも会いましたが、

やはり四国霊場めぐりの通り道、お遍路さんにもほっと一息つける場所のようですね。

関西から来たという若い男性ふたり組の歩き遍路さんたちが漆喰壁の商店街前でちょっと一休みしながら、

近所のお婆さんと笑顔でお話していたのが印象的でした。

きっと100年以上前にも、ここに住む方たち、そして建物が、こうして拝礼者たちを見守っていたことだろうと

「いにしえの時」 に思いをはせたりしました。

基本的に今も人が住み、大切に使われている家々。

痛みが進んでいる壁も中にはありますが、補修・修復してつぎの時代にも伝えていこうという住民の努力と誇りも感じられ、

ずっと残っていてほしいなと心から願わずにはおれませんでした。

で、いつかは、補修の様子も見学しして職人さんにもお話を聞いてみたいものですね。

海側の下町地区には旧土佐街道の両側に切り妻作りの町屋とともに、

ひさしのように数列並んだ瓦が縁飾りのように美しい 「水切り瓦」 や 「なまこ壁」 のある蔵がしっかりと構えています。

もうちょっと時間があれば、土佐漆喰の発祥の地といわれる安芸町(あきちょう)にある岩崎弥太郎生家や、

武家屋敷の家並みや、畠中家の櫓時計なども巡りたかったのですが、それはまたのお楽しみということにしましょう。

というわけで、 八幡社長!  今度の社員旅行で高知旅行はいかがでしょう?

その際には土佐漆喰の工場見学と、室戸の職人さんとの交流会もセットでいきましょう!(笑)

以上、斎藤でした。

STO工法とスイス漆喰

2009.09.08   カテゴリー:左官工法, 漆喰

早いものでもう9月になりました。 「実りの秋」 「収穫の秋」 「食欲の秋」 とおいしい季節の到来です。 ということで、日曜日に ぶどう狩り に出かけてきました。

IMG_2264

ぶどう狩りはここ数年我が家では、恒例の行事となっています。 向かう場所も毎回、山梨県の勝沼市ときまっています。 写真は「藤稔」という世界最大級の巨大粒ぶどうです。 とってもおいしいんですよ。  私の楽しみは ぶどう もそうですが、 「ワイン」 ですかね。  山梨では国産ワインの4分の1を出荷していて、特に勝沼市には多くのワイナリーがあり、市をあげてぶどう栽培に力を入れているそうです。 今回は毎年買っているブドウ農園自家製ワインと山梨で古くからワインの醸造を行っている「ルミエール ワイナリー」 のワインを何本か買ってきました。  何日かは買ってきたこれらのワインで楽しめそうです。(笑)

P1040929

ところで日本に初めてワインを持ち込んだのは、有名なポルトガル人宣教師、 「フランシスコ・ザビエル」 と言われているってこと知ってました?

?

本題の左官ブログの戻ります。 先日、茨城県で外壁のスイス漆喰仕上げをしてきました。 その下地材として弊社では初めて施工することとなった 「sto工法」 のベースコートを塗りました。今回はその施工の様子を載せていきます。

P1040695

P1040693

ベースコートを塗る前の状態。サイディング板が張ってあります。この板が地震によるクラックのリスクを低減する要素の一つだそうです。

P1040700

壁塗り施工前の養生は仕上がりの良し悪しを決める大切な作業。 素早く丁寧に行います。

P1040701

養生完了。 いよいよ塗り作業に入ります。

P1040707

黄色いバケツに入ったベースコートとセメントを質量比1:1の割合で混ぜ合わせます。 水も300?500ml程度入れます。 季節や天候などによってセメントと水の量は調節したほうが施工がしやすいそうです。

P1040810

メッシュもあらかじめ一定の長さで切っておくと作業がスムーズです。 ネットの色に合わせた黄色いバンダナ。 撮影のためのちょっとした気遣いも忘れません。(笑)

P1040709

材料攪拌中です。 初めての施工ということで、メーカーさんが金沢から?はるばる駆けつけてくださって、sto工法の施工手順を説明して頂きました。 イケダコーポの安田さんもお見えになりました。

P1040716

まずはじめに出隅と入り隅に専用のメッシュを伏せ込みます。 (ベースコートを塗ってからネットを伏せ込みます。)

P1040721

次に角から引き続き面にベースコートを塗り、黄色いメッシュを伏せ込みます。(出隅、入り隅専用メッシュの上にも黄色いメッシュをかぶせます。) ベースコートの厚みは2?3ミリ程度。 メッシュの重ね幅は5?10?です。

?P1040737

どんどんメッシュを伏せ込んでいきます。 だいぶ慣れた様子です。 これでクラックの問題は軽減されるはず。

P1040733

P1040740

P1040739

ベースコート塗り完了。これでスイス漆喰の下地が完成です。

sto工法の魅力としてクラックの心配がすくないこと。(これは寒冷地仕様の特殊なサイディングの張り方とベースコート、メッシュなどによるもの) 無目地の仕上表現が可能なこと。 胴縁を入れる通気工法を採用していること。(これにより建物全体を呼吸させ結露やカビを防止します。)です。  8年前からメーカーさん独自の経験をつみ重ねてきた工法で、クラックに関しては現在はクレームはほとんどないそうです。 素晴らしいの一言です。

長くなりましたので、続きの外壁スイス漆喰の施工の様子は次回にしたいと思います。 決してワインが早く飲みたいからではございません。(笑)  ではまた・・・。

?

?

?

 

pagetop