八幡の顔 Vol.3

2009.11.28   カテゴリー:八幡の職人

友’s blogです。
みなさん、お待たせ致しました。
八幡の顔 Vol.3 がついに完成しました。

それではどうぞ☆

今回の動画はどうでしたか?
これからも、職人のカッコいい姿を動画にして行きますので
楽しみにしててください。

以上、友’s blogでした。

只今 「左官修行中!」 (5)

2009.11.22   カテゴリー:八幡の職人

お久しぶりの斎藤Blogです。

あらためてご報告です。3ヶ月の過酷な!研修期間をのりきり

はれて10月から八幡工業さんに本採用となりました!!!

デフレスパイラル、求人倍率も低いというこの経済状況きびしいご時勢に

まさに「拾って」くださった八幡社長・職人の皆様に感謝感謝です。

張り切って「左官の道」を歩んでいこうと決意も新たにいたしました。

今後ともこの「修行中ブログ」共々どうぞ宜しくお願いします。

さて、先週親戚の結婚式で名古屋に出席したおり、少し足を伸ばし

大阪に行ってまいりました。

目的は左官職人・久住有生さんが手がけられた土の作品を見に行くこと。

左官職人・久住有生によって仕上げられた「土の神話」に対峙する華道家・片桐功敦「花」の4日間だけの展示 ・・・・・ という情報を数日前Webで偶然に見つけた。

そしてその日が展示最終日だったのです。

期待に胸ときめかせ、難波駅から電車にゆられ15分。

堺東駅からトコトコ歩いて住宅街のなかに見つけたのが会場となる主水書房(モンドと呼びます)。本格的な日本家屋の門には、いけばな教室の看板。

Monde

受付をすませ靴を脱いで案内された部屋はふしぎな花の香りにつつまれていました。

照明を落とした広間にあらわれたものはまるで鍾乳洞のような怪しい棘とげ物体!

畳、床を取り外し、剥き出しになった床下の地面を掘り下げて制作された荒壁の左官仕上げによる造形作品[ kuniumi ]。

Mandala02

そして天から降り注ぐように花束が!

これは花道家・片桐が久住の土の神話に対峙 する花として「mandala」と題した作品。

話を聞くと土の作品自体は一年前に作られ、あしたには壊してしまうとのこと。

まさに「はなむけ」ともいえる花生けの儀式だったのですね。

Mandala01

土の持つ重量感、それが人の背丈ほど立ち上がっているという圧倒的な迫力。

タイトルの kuniumi は日本神話のイザナギとイザナミによる国産み神話。日本原初の男女神が混沌の海を掻き混ぜて、鉾から落ちた最初の一雫が淡路島になり、続く雫で次々と 日本の国土が産まれたという神話、と解説にありましたが久住さんは淡路島の出身。

きっとこれは小さい頃から聞かされた郷土の誇りを具現化した、淡路の左官職人であれば作らずにはおれなかった作品プランだったのでは・・と勝手に推測。

この棘、じゃなくて雫のはねかえった瞬間「泥のクラウン」だったのですね、ふ?む納得。

お茶とお菓子を頂戴しながらしばし作品鑑賞に浸りました。

翌日の撤去作業をひかえ打ち合わせに来ていた作家の二人、久住有生さん、片桐功敦さんにお会いでき、お願いすると快く2ショット写真を撮影させていただきました。

K&K

いい笑顔でしょ! (左が久住氏、右が片桐氏)

実はこのお屋敷、片桐さんのお家だったのです。

6年前、住宅から教室兼店舗に改造する際、内壁の塗り替え工事を担当したのが久住さん。

年齢も近いということから親交を深め今回のコラボレーションが実現した!というお話です。私、左官修行中です、というと特別に左官仕上げの風呂も案内してもらいました。

洗い出しの壁に色モルタルの浴槽、棚に置かれた花小鉢、ここでもこっそりコラボ作品!ふたりのやさしい人柄が垣間見られる素敵な空間でした。

そして、吹き抜けになった明るいカフェも久住仕事。

Cafe

石灰の壁に貝殻のちりばめられたべんがら土の土間、休日気持ち良くすごせそうです。

もっとたくさんお話を聞きたかったのですが帰りの新幹線の時間があるので、とお二人に握手をして会場をあとにしました。

いいもの見せていただきました。

自分もいつかこんな仕事ができればなあ。

さあ、まずは明日からの仕事がんばらねば!!

PS: なお展示の詳細は下記まで。

http://www.mondebooks.com/


まんじゅう!?

2009.11.19   カテゴリー:八幡の職人

友’s blogです。今日は、現場でまんじゅうを作ってきました。

まんじゅうとは、あんこが入ってて甘いお菓子ではなく
重量鉄骨造で、鉄骨柱の高さを所定の位置に据えるために、
鉄筋コンクリート造の基礎の上に、饅頭のように塗り付けたモルタルを言います。
柱のベースプレート(柱の最下部の鉄板)のボルト孔をそれに合わせて、
饅頭モルタルに乗せ、ナットを締めて鉄骨を建てていきます。
まんじゅうモルタルを塗ってから3日以上の時間を置かないと
割れたり潰れたりすることがあるそうです。

施工前

施工前

まんじゅうを作る前に接着剤を塗ります。

PB190279カットしたパイプの中に、まんじゅうを作ります。
真中のネジは、『ネジの高さまでモルタルを塗って下さい。』っていう高さ調節用のネジです。

PB190275パイプを固定するため、パイプの周りから塗っていきます。

PB190276固定した後、少し時間を置きネジの高さ位まで、モルタルを流し込みます。

PB190277流し込みが終わり、高さが均等になるように鏝で均します。

完成

完成

美味しそうなおまんじゅう出来上がり(笑)
少し真面目に書いてみました♪

以上、友’s blogでした☆

スイス漆喰でマンションリフォーム (1)

2009.11.16   カテゴリー:漆喰

こんにちは。ここ最近、過ごしやすい天気が続いたかと思うと、急に寒くなったりと、寒暖の差が激しいですね。 体長管理の難しい時期です、皆さん、風邪などひかないように気をつけてくださいね。   左官屋は外仕事が多い職業。 寒さに敏感な私はつい先日から 「ユニクロ」のヒートテックインナーを上下着用しています。 (まだ早いですかね?) いやいやしかし、 人間、厚さや寒さには 勝てません。(笑)

P1070293

我が家の長男 『太晟』 が最近、字を書くことに目覚めました。 「わ」の字がなかなか書けなかったのですが、彼なりに努力したのででしょう。 アンパンマン?? の上に見事名前を書きあげました。  なんでもそうですが、人間、努力した人には 勝てません。(笑)

?

さて、本題のほうに話を移します。 今回ご紹介するこのマンション、実は3年ほど前にも「リビングダイニング」をスイス漆喰でリフォームしている、リピーターさんのお宅です。 きっと塗り壁のよさ、漆喰の良さに魅了され他の所も塗ることに決めたのでしょうね。  化学製品で出来ているクロス張りの部屋より自然素材の漆喰を塗ってある部屋のほうが、居心地が良いのでしょう。 体は正直なのです。 もしかしたら、一種の防衛本能が働き 漆喰塗り を 『体』が『脳』に促したのかもしれませんね。

今回の施工場所は玄関と廊下、そしてトイレとなりました。  既存のクロスを剥がしてからの施工となりました。 それでは施工の様子をどうぞ!

P1070161

まずはじめに、床やドアなどの養生をします。 ここは汚れないだろうという 『だろう養生』はいけません。 汚れるかもしれないという 『かもしれない養生』をしましょう。 養生ひとつで仕事の良し悪しが決まります。

P1070152

養生が終わったら次に、電気プレートなどの取り外せるものをはずします。  写真はトイレットペーパーホルダーを取り外し中。 上に水兵さんが付いてます。

P1070157

取り外した物はまとめて施工の邪魔ならない場所にしまっておきます。 工事終了まで封印です。

P1070171

次に既存のクロスを剥がします。 はがれやすい物とそうでないものがあるようです。 クロス剥がしで時間をとられると結構痛いです。 その日の作業が予定どうりに終わらないことも・・・。(笑えません)

P1070176

クロスをすべて剥がし終えたら、ゴミ袋に入れて清掃です。  どうやらすんなり剥がれたようです。

P1070183

続いてクロスを剥がした壁の上に、長年蓄積された汚れなどが仕上がった漆喰壁にシミ出でこないようにする 「あく止め剤」を塗るための養生をします。

P1070190

こちらが 八幡工業 愛用の「あく止め剤」 優れものです。

P1070196

あく止め剤を刷毛やローラーで塗り残しのないよいうに丁寧に塗っていきます。 仕上がった壁にシミが出てきてしまったら大変です。 最悪塗り直しってことも・・・。 責任重大。真剣です。

P1070201

あく止め剤は1度目を完全に乾燥させてからの2度塗りが基本ですが、不安でしたら3度塗ってもよいでしょう。  このあく止め剤の場合は白色で乾燥すればまず 「シミ」 の心配はないでしょう。

P1070206

あく止め剤を塗り終えたら養生を剥がして、その日は作業終了。  次に日の作業は石膏中塗りです。 中塗り用の養生や出隅、入り隅、ボードジョイント部分にジョイントテープを張ってからの作業です。

P1070220

石膏塗りの作業は長塚君が一人で行ったので施工中の写真がございません。 人物だけどうぞ。 一人で約30?の石膏塗リ。役物も何か所かあった為、きつかったらしいです。(笑)

P1070227

中塗り終了写真です。 頑張った甲斐あってきれいに塗れてます。 長塚君 お疲れ様!!
今回のブログはここまでです。 スイス漆喰仕上げ塗リの様子は次回にしたいと思います。

最後に仕上げの様子を1枚だけ載せときます。 次回おたのしみに!!

P1070257

それではまた。

T邸 外壁塗装リフォーム工事

2009.11.13   カテゴリー:リフォーム事例, 施工例

外壁塗装リフォーム工事の施工事例です。  弊社で足場かけ作業、塗装前の高圧洗浄機での洗い作業から屋根と外壁の塗装、古くなった窓周りのコーキング撤去及び打ち直し作業、基礎巾木の塗装やウッドデッキの塗装まで全て行いました。

弊社が責任を持って1連の作業を総括して行うため、当然ながらリフォームにかかる費用はリフォーム会社さんを通すよりはお安くなりますね。

P1060856

P1060890

こちらは外壁のリフォーム後の写真。 新築に戻ったようにきれいになりました。  Image Gallery1枚目の画像がリフォーム前のものです。
P1060767

P1060892

屋根やウッドデッキもピカピカです。  この建物のリフォーム作業中の詳しい様子は後日『1の書簡』で公表したいと思います。

Data

件名: リフォーム 用途: 住宅
区分: 外装工事 エリア:
業務範囲: 塗装工事,外全体

バーストしちゃった!?

2009.11.11   カテゴリー:八幡の職人

友’s blogです。
いつも使っているダンプのタイヤがバーストしてしまった!仕事で使えないと痛いので
みんなでタイヤ交換をしました。
交換してる様子を動画にしてみましたのでご覧ください。
それではどうぞ♪

車は大事に乗りましょう☆
以上、友’s blogでした。

pagetop