久住章さんの「鏝の話」    

2010.05.26   カテゴリー:八幡の職人, 左官工法

只今左官修行中・斎藤です。

日曜日、かねてから楽しみにしていた漆喰・土壁 技術講習会に参加してきました。

講師は、日本を代表するカリスマ左官職人、久住章(くすみ あきら)氏。

kusumi.02

あいにくの雨模様でしたが、会場となる東中野の富沢建材には

各地からなんと!160人もの人が集まりました。

tomizawa.01

職人さんだけでなく学生さんらしき女の子たちも大勢、

知った顔もちらほら、なつかしい左官学校の仲間や先生方ともおよそ一年ぶりの再会!

お互い「左官がんばってる!!?」と笑顔で挨拶。

isao

*一緒に行った八幡工業のイサオさんと、足立校の綿引先生。
実は同郷・茨城県人のご対面!。

さて、今回の久住さんはおもに土壁を塗るための鏝道具について

自身が修行した京都や大阪のお話を中心に4時間たっぷりの講義。

途中、実演もまじえながら「じゅらく壁」の水捏ね、切り返し、磨きに至る

各段階の材料の調合、それに伴う鏝の扱いとポイントを説明。

kote.01

科学的に「鏝」という金属の硬度と、材料の特性との関係を話すさまは職人というより

研究者か学者さんのようでもありました。

職人かけだしの私にとっては、あまりにも奥の深い難しい話なのですが、

久住さんのほんわかとした関西弁が心地よくとても勉強になりました。

kusumi.01

いや?しかし、鏝の話を1人で4?5時間も話せる人は他にはいませんね。

書院や茶室の文化が根付く関西とちがって、

残念ながら関東ではめったに土壁しごとは縁がないのですが、

八幡工業で力を入れている漆喰仕事には大いに参考になることがありました。

お話の中で特に心に残ったことがらとして、

京都の左官の名匠数人の自慢の鏝を借りて、鏝鍛冶屋さんとともに

「なぜこの鏝が、美しい壁を作り出すのか?」を検証した話。

鏝鍛冶さんの目からすれば不思議だったようだが、

長年使い込んで磨り減っている鏝だからこそ、手になじみと効率よく塗ることができる。

その影には「土」と「スサ(関東ではツタ)」と「のり」のバランスの違いが関係している・・・
という話。

もとめる土壁の仕上がりのテクスチャー(肌)によって、5人職人がいたら

5人みんな異なる調合をしていて、結果、使う道具の形状や選択もことなる!

ですから『左官にはこれが一番正しい!というものは無く、職人それぞれが

見つけていってください!!!!』というお言葉。

tomizawa.03

当日は、鏝鍛冶の方々や左官道具屋さんらも大勢参加しておられ、

遠くは本場「兵庫県三木市」のスギタさん、カネシカさんなど、

多種多様な鏝、道具類の展示販売も行われていて、見るだけでも楽しかったです。

kusumi.03

様々な建築賞に輝く久住さん、次の時代に左官を継承すべく

職人、建築家、鏝鍛冶、材料メーカーらをつなぎ

日々熱く奮闘している!!

自分もがんばらなくては。

(株)大船住研 港南営業所

2010.05.25   カテゴリー:左官事例, 漆喰

人にやさしい住宅を研究する(株)大船住研さんの港南営業所の外壁をスイス漆喰カルクウォールで施工しました。

P1090842

所長の志村さんとカルクウォール施工前のパターン(模様)の打ち合わせ中。 どんなパターンに決まったのかな?

DSCN3834

あらら・・・?  志村所長も模様つけに参加です。?? アクセントで張り付けたブリックタイルは『カルクファルベ』という塗料系漆喰で着色しました。

DSCN3837

こんなに素敵に仕上がりました。

(株)大船住研さんをもっと詳しく知りたい方はこちら。 http://www.o-jk.co.jp/
健康や環境にやさしい自然素材を使った家づくりに力を入れている会社さんです。    ?
是非 御覧になってください。

Data

件名: 新築 用途: その他
区分: 外装工事 エリア:
業務範囲: 左官工事,タイル工事

SA工法やってみました♪ PART2

2010.05.20   カテゴリー:左官事例, 左官工法

友’s blogです。

SA工法PART2です。
下塗りから仕上げまでやらせてもらえましたo0020002010474655304
P1110239

P1110240
まずはローラーでベースの色を付けます。
二代目は簡単そうにやっていましたが、
実際やってみると、ローラーの転がした線が消えなくて
苦労しました。ちょっと時間がかかりましたが
上手く出来たと思いますo0020002010490410406

P1110245
次は、スポンジで全体的に黒の模様を付けていきます。
徐々に、コンクリートに似てきましたねー。

P1110248
次は、鉛筆でピーコンの周りをなぞります。
化粧に例えると、目元くっきりメイク見たいな感じです。

P1110247
仕上げにちょっと濃い白の模様を付けていきます。

P1110252
どうですか?この仕上がり!?どこからどう見ても、コンクリート打放しでしょo0020002010481507173

P1110250
やっぱり、教える人がうまいと上達も早いんですかね(笑)
以上、友’s blogでしたo0020002010507631349

Data

件名: 用途:
区分: エリア:
業務範囲:

雨の日の葉っぱ。

2010.05.12   カテゴリー:八幡の職人

こんにちは。 1の書簡 担当の八幡です。  さて皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか? 家族や友人などとお出かけになった方、家でゆっくりくつろいだ方、その両方を楽しんだ方といろいろいらっしゃることと思います。
僕はと言いますと、 4月の29日の夜に消防団ポンプ操法大会に向けての練習中に なんと最悪なことに 腰 を痛めてしまいました。(日中、現場で長時間無理な姿勢で作業したのががきっかけかと思います。)その日は何とか歩いて帰ったものの、次の日の朝になると激痛で歩けなくなってしまいました。   医者まで車で送ってくれた嫁さんに肩まで貸してもらい、なんとか診察。 人生4度目のブロック注射をやむなく打ちました。(これが結構痛い) 少しすると多少は歩けるようにはなったのですが、外出は当然無理! 結局5月1日?5日までほぼ寝たきり状態。 腰休めのゴールデンウィークとなりました・・・・。    子供たち 遊んであげられなくてゴメンよ。

腰の具合がやっとよくなってきたかと思えばここ2,3日前から風邪気味。 今日は朝のうち雨だったので現場を休み、悪化しつつある風邪が仕事に影響することを恐れ、  つい先ほどまたまた医者に・・・。
「なんだか最近調子悪いなー 」と思っていると     今朝、撮影した南天のことを思い出し   『これは』 と思いブログ更新。

P1030330

昔から「難を転じる」と言い伝えのある南天。  葉についた雨のしずくがとても綺麗で撮りました。

P1030334

でもなんで水をはじく葉っぱとそうでないものとがあるのか 疑問に思い調べたところ葉の表面にはクチクラ層とよばれるワックス(ろう)を成分とする層がありこれによって水をはじくらしい。   水をはじくだけではなく害虫や病気の侵入を防いだり、紫外線によって傷ついたりするのを防ぐ働きもしているそうです。 「難を転じる」という言い伝えはひょっとしてこのことからきているのかもしれません。
葉によってはじきかたが違うのはクチクラ層の厚みの違いと、葉の表面の構造の違いによるものだそうです。

この南天に調子アップを願います。 『災い転じて福と成す』  いい波来てちょうだい!!

まったく左官に関係ない今回のブログでございました。  ではでは。

888?スリーエイト? 代表さん  僕の撮った今回の写真いかがですか??

SA工法をやってみました♪

2010.05.10   カテゴリー:左官事例, 左官工法

友’s blogです。

今回のblogは、僕もSA工法やってみましたo0020002010495481559
SA工法とは、コンクリート打ち放しのもつ質感を生かし、さらにコンクリート構造物を酸性雨、中性化等の劣化原因から保護する目的で開発された完全水系化塗装システムです。

SA工法をさらに詳しく知りたい方は、『1の書簡』 担当の二代目・吉彦さんのblogを見てください。
詳しくはこちら→キクスイSA工法

まずは、コンクリートの模様を出すために、スポンジをむしります。
むしり方で模様が決まるので、結構重要な作業です。
P1100905
次は、いよいよSA工法のやり方を二代目に教わりながら
やってみました。
まずは、ベースの色をローラーで転がします。P1110029
ベースの色が乾いたら、黒や白でコンクリートの模様をつけていきます。
P1110035僕もチャレンジしてみましたo0020002010474655304
簡単そうに見えますが、なかなか難しいです。
力を入れすぎて、斑点が大きくなったり、ズルっと滑った模様になっちゃいましたo0020002010498193900
やっていくうちに慣れましたが、失敗した場所は、二代目が直してくれました・・・
いつも迷惑かけてすみませんo0020002010471545827
P1110007

仕上がりはこんな感じ・・・
どこを補修したかわからないでしょ?
P1110022
全部補修したのは、こんな感じです。
P1110025仕上げ終了!!
作業が終わり、スポンジ洗いです。
八幡工業はエコな会社なので
使ったスポンジを捨てずに、明日も使えるように綺麗に洗い干します。

P1100909で、干した後に、スポンジ食い競争をして
今日の作業はおしまいです。
P1100910どっちが勝ったかは、想像にお任せします(笑)
以上、友’s blogでしたbyebye

Data

件名: 用途:
区分: エリア:
業務範囲:

竹の子ニョッキ

2010.05.05   カテゴリー:八幡の職人

友’s blogです。
先日、竹の子を取りに行きましたのでblogに載せたいと思いますo0020002010474655304

場所は、茨城某所。自分が取る竹の子が少なくなってしまうので教えられません(笑)

現場に着き、竹の子取り開始o0020002010481507173

さぁ?竹の子を取るぞ~って、意気込み辺りを見ましたが、竹の子がないase

自分の想像的には、ワサワサ竹の子が出てるのかと思ってました。

竹林を10分歩き回ってたら、竹の子発見o0020002010490410403っていう声が・・・

見つけたのは、たそがれ左官の勇さんでした。

勇先生に竹の子の取り方を教わり、早速、取ってみました。

P1030241

見てください!この竹の子!!チョ?デカイでしょ♪
P1030237

一発目は竹の子の周りをの土を掘り、

P1030238二発目で竹の子を取りますo0020002010471545817P1030239
なかなか綺麗に取れましたぁ?heart

P1030240
竹林をどんどん進んでいくと結構竹の子が・・・でてるじゃないですかo0020002010521018666
またまた大きい竹の子取ったどぉ?o0020002010495481559
P1030245今日の収穫はこのぐらいにしておきました(笑)
P1030270竹の子取り、宝探ししてるみたいでメチャメチャ楽しかったですo0020002010495481559
また行きたいなぁ?っと思った友’s blogでしたbyebye

 

pagetop