造形用モルタルの講習会に参加

2011.05.31   カテゴリー:モルタル造形

いよいよ梅雨の季節に突入しましたね。

「左官屋殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の3日も降ればいい」

だれが言ったかしれませんが、この時期はまさにこの気分、

内装のお仕事があればラッキーですが、こと外壁の作業となると

雨降りの日はまったくのお手上げ!!

事前作業をしようにも水に塗れたサッシには養生テープはくっつかない、

なにより材料は雨の中では練ることができません!

納期がないので「そこをなんとか」とお客さんに頼まれて、

たとえ無理して雨合羽を着て塗ったとしても、仕上がった壁は流れてしまう、

けっきょく後日やり直し・・・で痛い目をみるのです。

そんなことで朝から雨が降っている日は、左官屋さんはお休みとなることが多いのです。

さて、先週の土曜日はあいにくの雨降りでしたが、

以前から予約申し込みしていた「造形用モルタルの講習会」に行ってきました。

株式会社ギルトバンクさんが主催の『擬石(方形)・擬木・・・カービング』実技講座。

http://guildbank.co.jp

Acanthus

これは弊社社長の手によるモルタル造形「アカンサス」のレリーフですが、

材料はギルトバンクのオリジナル材料【ギルトセメント】を使用しています。

guildcement

えっ!?これ粘土じゃないの!?

しかも型抜きでもなくモルタルの塗りつけで!!!???

そう左官の造形・彫刻の世界は実はすごいんです!!!!

というわけで会社から程近い会場ギルトバンクさんに朝9時到着。

普段は倉庫として使われている空間に8つのキャンバスが設置、

この日、遠くは三重、新潟からの受講者の方も来られていました。

弊社からは、トモさん、岡ちゃん、私・サイトウの見習い3人組、

そして10年目の職人イサオさんの合計4人が参加。

講師はタマテ組代表の玉手さん、東京ディズニーシーの現場に携わるなど

数多くのお仕事をされているモルタル造形のスペシャリストです。

http://www.tamategumi.com

lesson

今回の講座は2週にわたっておこなわれますが、

一回目は、擬石(方形)・擬木・・・カービング(彫刻)
二回目は、擬石(方形)・擬木・・・エイジング(色付け)

tamate

これは先生の作品。

石積みと古木の板、本物そっくり!

いやそれ以上のリアルな表現にびっくり、いいなこんなの作れたら。

というわけで10:00?17:00、一日じっくり勉強したわけですが、

ひとことで言って「いや??難しくも、いとおかし(ちょ?おもしろい)」

八幡4人衆、実に楽しそうに、しかし真剣に取り組んでおります。

実際の作業の内容は次回まとめてご報告しますのでお楽しみに!

tomo

oka

saito

isao

DIY専門雑誌「 ドゥーパ!」

2011.05.19   カテゴリー:八幡の職人, 左官工法

本日現場から会社に帰ったら

倉庫に黒い傘!!

kasa

雨漏りか・・・・って、ボケ。

実は、DIY専門誌?ドゥーパ!の取材の最中。

黒い傘の正体はストロボだったのです。

shooting

ドゥーパ!」というのは手造りライフを楽しむDIY解説誌で

学研社から隔月販売されています。http://www.dopa.jp/

以前にも左官の技術説明で八幡工業をとりあげていただいています。

今回は7月8日発売号で「壁塗り特集」をするということで

なんでも堂々16ページにわたって壁塗りのやり方を徹底解説してくださるそう。

osamu

取材は朝から夜7時まで行われたそうで、

ブロック下地から石膏ボード、コンパネ木部と、それぞれの事前処理の方法の違い

以外となめちゃ?いけない!「養生」の大切さまで細かく撮影、

仕上げはスイス漆喰「カルクウォール」。

mineral

ミネラル下地材の塗り方を実演する江端主任とカメラマン福島さん。

これを見たら思わず読者も 『壁塗り』 したくなっちゃうみたいですぞ!

来週もう一度撮影の予定、そのさいには専務の新居が披露されるとのこと。

わたしが塗らせていただいたクローゼットも写るかな・・・(笑)

yawatatei

冗談はさておき、7月本屋さんに並ぶのが楽しみです。

撮影終了、みんなで記念写真パチリ!

do-pa

左から福島カメラマン、編集の豊田さん、弊社左官職人・江端、八幡吉彦専務。

便乗取材は、八幡ブログ専属カメラマン・齋藤でした

マイホーム建築日記 レンガタイル

2011.05.13   カテゴリー:八幡の職人, 左官工事, 左官工法

こんにちは。 『1の書簡』 担当の八幡です。 今日は「マイホーム建築日記」の更新です!

現在の外壁工事進行状況はと申しますと、左官工事はゴールデンウィーク中に無事終了。電気工事なども終わり、残りは雨樋工事、塗装工事のみとなりました! となると・・・

そうです!! なんとなんと!!  いよいよ来週月曜日に足場を外します!

みんなで作りあげた物がどれだけの存在感を出してくれるのか。 正直 楽しみです!

う?ん。 だいぶ 建築日記 の更新が追いついていない状態であります。 急がねば!!

前回は通気ラスに一度目のモルタル塗り(網コスリ) それから 洗い出しの胴蛇腹の仕上げまでお伝えしましたね。それでは引き続きの工事の様子、いってみましょー。

P1150660 P1150778

P1150774 2011-04-10 16.21.22
一度目のモルタル塗り(網コスリ)を乾燥させ、2度目モルタルを塗っている状況です。

この作業で網コスリで調整しきれなかった壁の不陸(凸凹)を再度調整していきます。
その際に、耐アルカリ性のメッシュをクラック防止のためモルタルに伏せ込んでおきます。
この作業により建物も丈夫になります!!

P1150787 P1150788
2度目のモルタル塗り(モルタル中塗り)完了状況。

さて、 モルタル塗りが終了し、再度乾燥させ、いよいよ仕上げ工事に入ります。

我が家の外壁の仕上げは?ベルギー産のレンガタイル″と前回ご紹介しました?洗い出し″ そしてスイスの漆喰カルクウォールがメインとなります。

それでは今回のブログのお題であるレンガタイルの施工の様子です。

2011-04-13 08.29.20 2011-04-13 15.19.10
タイル張りは墨だし、タイル割などの段取りが重要です。

タイル張り作業は作業前の段取りでいろいろなことを明確にしておかないと張ったタイルを剥がして張り直しなんてことになっちゃう可能性があります。 今回、何度剥がしたことか・・・。

2011-04-14 17.01.36 2011-04-20 10.27.17

2011-04-17 14.54.23 2011-04-18 10.38.19
段取りが終了するといよいよレンガタイル貼り開始です!!
レンガタイルを場所に合わせて加工するのも一苦労です。

約80㎡のレンガタイル貼り作業となりました! 僕自身、慣れない作業でしたので大変勉強になりました。 次回はもう少し早く、正確にできるかな。(笑)

2011-04-20 14.05.45
レンガタイル貼りも終盤を迎え、胴蛇腹との相性が気になり養生を外して見てみました。

おお!! なかなかいいじゃないですか!! かっこいい。

2011-04-21 13.14.30 2011-04-30 10.07.45

2011-04-24 09.06.33 2011-04-30 10.07.18
貼り作業が終了すると次は目地処理が待っています!!

けっこう地味な作業ですね。これは。 飽きっぽい僕には不向きかも。(笑)

2011-04-30 08.42.22
地味な作業ではありますが施工前と施工後はかなり印象が違いますね!

これにはびっくり!! これを見たらどんどん目地を埋めたい気持ちでいっぱいになり、飽きていたはずの目時処理を必死でやってました。 (単純だ!)

2011-04-24 08.25.28
アップで見るとこんな感じです。

うーん。 ベルギー産のレンガタイル なかなかいい雰囲気。

絶妙な色合い。柔らかみのある質感。適度な古さ加減。最高です。

2011-05-02 08.58.05

さあ~て! 次回はいよいよスイス漆喰の仕上げ塗りの様子です。

どうぞお楽しみに!!!

そうそう。漆喰仕上げ塗り中に、親父(社長)がなにやら製作。その様子も次回に。

2011-05-04 10.39.50
真剣な顔で何作ってるんでしょうかね?。 がんばれ!もうすぐ60歳男!

それでは。

みんなに感謝!!

2011.05.08   カテゴリー:八幡の職人, 左官工事, 漆喰

こんにちは。『1の書簡』担当の八幡吉彦です。 みなさんゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか? きっと楽しい思い出がたくさん残せたことと思います。 僕もある意味とっても思い出に残るゴールデンウィークとなりました。

そうなんです。新築中マイホームの左官工事がなかなか進まなく、それでいて引っ越しの日は迫るばかり・・・。 「これはまずい!」ということで、この連休は休まず仕事をしました。
そしてそして、世間は?大型連休″ってことはもちろん現場も休み。  ・・・ってことは??  そうです!職員のみんなにお願いして休日返上でマイホームの左官工事に携わっていただきました。 ということで内部、外部に分かれて作業を進め、多い日で14名で漆喰塗り。  いやいやにぎやかな現場となりました。

とくに盛り上がったのはクローゼット内の仕上。(4か所) この場所に関しては弊社の見習い左官工の面々が制限時間内に仕上がりの良さを競っての?ガチンコバトル″

2011-05-05 10.09.12?? 2011-05-05 10.10.17

2011-05-05 10.09.40 2011-05-05 10.09.30
激しい戦いとなりました。 さあ! 誰が一番かな??

?

おかげさまで外壁の左官作業は無事終了。 内装はロフトを含む2階部分から階段室までが綺麗に仕上がりました。 ありがたいことです。 みんなで仕上げた漆喰塗り壁。 とってもいい思い出となりました。

ご協力していただいた皆さん!! どうもありがとうございました。 本当に助かりました!!

作業が進んだということは、そうそう。『マイホーム建築日記』の更新も急がなくては・・。

外壁。 とっても良くなりましたよ!!  更新お楽しみに!!

それでは!

?

?

世界に開け!yawatasakanのfacebook 

2011.05.06   カテゴリー:八幡の職人, 左官工事

http://www.facebook.com/yawatasakan

facebook.jpeg

3月頭に立ち上げ、管理している八幡工業のフェイスブックのファンページが 本日めでたく、「いいね!」25人越え!!

晴れてユーザーネーム獲得しましたよ???!

今まで長々しいアドレスがシンプルに変身!

これでフェイスブックに登録していない人でもカンタンにアクセスできます。

といっても、ご存知のない方には何のことやら?・・かもしれませんね。

「facebook」(フェイスブック)と呼ばれるオンラインサービスをご存じでしょうか?

今年facebook創業者の半生を描いた映画が国内で公開され、多くのメディアでfacebookという言葉を見聞きするようになりました。

「facebook」が注目されている最大理由は、世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)サービスだからです。SNSとは、インターネット上で人と人がつながる場所(コミュニティー)を提供するサービスのこと。友人などと登録し合って、気になる情報などを交換し合う場所として使われています。

2011年現在、世界中に6億人を超えるユーザーを持つ世界最大のSNSに拡大しています。「中国、インド、フェイスブック」という言葉にあるくらい世界で3番目に人口を持つ大国という意味。

世界中につながる言わば第二のホームページなのです。

とくに 建築関係、左官に興味関心のある皆さんみてね?????。

そしてお友達にも知らせてあげてくださいね。

ブログ&フェイスブック担当・齋藤からのお知らせでした。

yawata

マイホーム建築日記 洗い出し胴蛇腹

2011.05.03   カテゴリー:八幡の職人, 左官工事, 左官工法

こんにちは。『1の書簡』 担当の八幡吉彦です。今回は「マイホーム建築日記」の更新です。

現在新築中のマイホームは4月の初め頃から本格的に左官工事をスタート。
早いものでもう1カ月が経ちました。現在の現場の進行状況は、外壁は左官工事がもう一息といったところ。内装は大工さんの工事が無事ほぼ完了しまして、2,3日ほど前から漆喰塗りの準備(養生、パテ処理など)に入ったところです。
そうなんです。 ブログの更新が全然追いついていないんです!! ということで、比較的時間に余裕のあるゴールデンウィーク中になんとか工事進行状況に追いつけるよう更新していきたいと思います。  頑張るぞ!!!

では早速本題へ。 前回は外壁の「網コスリ」 作業までお伝えしました。 さて今回は・・・

P1150667
ムムム? 等間隔に打ったビスの頭に鋼線を巻き付け繋いでいますね。

P1150668
そしてその線に巻き付けるようにモルタルを塗りつけています。

P1150675
今度は上下の墨(ライン)に合わせて高さを調節しながら定木を貼り付けます。

P1150687
その後さらにモルタルを塗り重ね形を整えていきます。

P1150694 P1150701
綺麗にかたどった木に亜鉛板を巻き付けて『型』を製作。

P1150715 P1150712
さらにモルタルを塗りつけ、定木に沿わせながら『型』を引きます。
だいぶ形になってきましたね?。 この状態で下地が完成です。

P1150736 P1150738
下地を乾燥させ、いよいよ仕上げ塗り作業の開始です。

2011-04-08 08.30.43
仕上げ塗り後にまた定木に沿わせて『型』を引いていきます。

これがなかなか難しい。 うまく力を調節しながら型を引かないと
仕上げ材がぼそぼそとめくれてきてしまいます。

P1150752
その後は乾燥具合を見ながら形を調節。
そして刷毛などで表面のセメントを洗い流していきます。

2011-04-07 16.14.50 2011-04-07 16.15.02
最後に噴霧器で綺麗に砂利目が出るように洗っていきます。

P1150754
洗う前と洗った後は全然表情が違いますね!!

P1150751
うん。 アップで見てもなかなかの出来栄えでございます。
左官洗い出し工法に感激!!

P1150758
完成。

約22メートルの洗い出し胴蛇腹の施工をしました。 正直大変でした。
しかしみんなで力を合わせて一つの物を作り上げる喜びを改めて感じました。

さあ! これからどのように仕上がっていくのでしょうか??

次回の『マイホーム建築日記』をお楽しみに!!

それではまた。

 

pagetop