お客様と僕。・・・切ない目。

2012.04.23   カテゴリー:モルタル造形, 漆喰

こんにちは。 最近、消防団のポンプ操法大会に向けての練習で
少々お疲れ気味の『一の書簡』ブログ 担当の 八幡吉彦です。

今日は雨で現場が中止となりましたので、ブログを更新です。

今回は前回のブログで外壁仕上げの様子等をご紹介しました、江戸川区西小岩Y様邸の
内装仕上げの様子をご紹介したいと思います。

Y様邸の内装壁は寝室、洗面、書斎以外は全てスイス漆喰カルクウォールを塗りました。

DSC_0195
2F、LDKの天井仕上げ塗りの様子。

先ず、最初にご紹介するのは、外壁と同じブリックタイルを?突きつけ張り″で張り
その上からこれも外壁同様カルクウォールを塗り仕上げた大壁です。

DSC_0098 DSC_0108
ミネラル下地材塗布      スイス漆喰仕上げ塗り

P1230606
完成

下地となったブリックタイルの凹凸がさり気ない陰影を齎し、いい感じ!
ラフに突きつけ張りしたブリックタイルもさり気なさを後押ししています。

続いては、Y様邸の一番の見せ場と言っても過言ではない、この壁だぁぁぁ!!

P1230622
壁は勿論、アルファベットも全て漆喰で仕上げてあります。

そしてそして!更に驚きなのがこれだぁぁぁ!!  1・2・3・!!→

P1230613
素晴らしい!!

P1230616
ダウンライトで更にこの見栄え!!

左官屋にとって主張性の強い壁を手掛けられることがどんなに幸せなことか。
自分をアピールする場でもあり、なにより挑戦することにより発見し、成長することができます。
こういったデザイン性のある壁をもっともっと作っていきたいと思います。
依頼を受け、それにきちんと対応し、望まれた以上の物を提案し、実現する。
それが僕の職人としての、いや!八幡工業としての理想かな。

頑張ります!!

だいぶ熱く語らせて頂いたので残りの箇所は写真メインでいっちゃいます!!

P1230610 P1230607
2F, LDK。

P1230660 P1230631
1Fと3F廊下

P1230647 P1230635
洗面             トイレ(3F)

P1230649
お客様が撮影した写真を拡大して壁紙に。
これは良いです!!

P1230626 P1230630
漆喰壁に飾られたオシャレなピクチャ?。

P1230691
お客様と僕。

P1230644
書斎のレンガタイル。

DSC_0419 DSC_0447
一生懸命、頑張りました。

DSC_0296
あんなに楽しかったのに・・・

DSC_0302
どこに行ってしまったの??

イエロォォォ!!

そんな切ない目しないでぇ?!!

西小岩のヒーローたち。

2012.04.10   カテゴリー:モルタル造形, 左官事例, 漆喰

皆さん、こんにちは。 福岡に出張に行っていらい、「博多通りもん」にはまっている
(有)八幡工業 『一の書簡』 ブログ担当の 八幡吉彦です。

本日は、僕のfacebookで幾度となくご紹介をさせて頂いております
江戸川区西小岩Y邸の完成見学会でした。

勿論、僕も参加してきました?。

よってその流れで(ん?どんなながれじゃ?)早速ブログ更新ですばい!!

Y邸は外壁左官工事と内装左官・タイル工事を施工致しました。

一度にまとめてご紹介したいところですが、ブログネタ保持を図り(笑)
まず、今回は外壁からご紹介したいと思います。

なんといってもこの現場は外壁正面壁がメイン!!
なので正面壁中心にご紹介しますすね!

DSC_0355

下地には通気ラスを採用。もちろんラス張りから弊社で施工しましたが
残念ながらその画像がありません。 二人の笑顔に免じてご勘弁を!!
画像のように通気ラスの上に一度目モルタルを塗り、その際にブリックタイルを
部分的に仕上がりをイメージしながら張っていきます。
DSC_0525

お客様と相談しながら、今回はこのような感じにブリックタイルを張りました。
う?ん。 ええ感じ!!!
一般的には『なんじゃこれ??』って感じなんでしょうけど・・・。

ブリックタイル張りと、一度目のモルタル塗りが完了しましたら
十分に乾燥させ、二度目のモルタル塗りを行います。
もちろんその際にはクラック防止の耐アルカリネットを伏せ込みます。

DSC_0513

こんな感じで。
?割れるなよ!モルタルちゃん″と祈りながら施工します。

DSC_0538

二度目のモルタル塗り完成時のブリックタイルとの取り合いはこんな感じ。
段差は無くしておくのが、おしゃれな仕上がりのポイント!!

DSC_0546

二度目のモルタルも乾燥させ、スイス漆喰カルクウォール専用下地材
ミネラル下地材をローラーにて塗布します。
手を振りながら楽しく施工するのが重要なポイント!!(笑)

DSC_0700 DSC_0698 DSC_0703

下地材乾燥後はいよいよ仕上げ塗り!!

ブリックタイルの目地を残したり、つぶしたり。
凹凸ができるようにデコボコに塗ってみたり。
ツルリっとさせたり、ザラザラりっとさせたり。

いろんな表情を壁に持たせてスイス漆喰ならではの仕上がりにしました。

P1230674 P1230658

どうです? 日本人離れした壁でしょ?
ギリシャ・サントリーニ島の壁のようです。

・・・行ったことないですが。(涙)

それでは最後に全体写真を!!!

P1230693 P1230696 DSC_0720

ポン!!
P1230601

ポンっと!!!

P1230603

完成!

ということで外壁のご紹介は完了です。 次回は内装施工と仕上がりの様子をご紹介します。

パソコンの前のみんな!!

次回も見てくれよな!!

西小岩のヒーローたちがまってるぜ?!
image

大変失礼致しました。

閲覧頂きましてありがとうございました。

それでは次回。

Data

件名: 用途:
区分: エリア:
業務範囲:

品川でキクスイSA工法

2012.04.09   カテゴリー:八幡の職人, 左官工法

どうも友’s blogです。

先日、品川でキクスイSA工法を施工してきました。

SA工法には、F工法(ファンデーション工法)とG工法(グラデーション工法)

の二つがあります。

ファンデーション工法
sf-01 sf-02
ファンデーション工法とは

コンクリートの仕上りが悪く
補修個所も多くある場合に
行う全面アートシステム工法です。

グラデーション工法
sg-01 sg-02
グラデーション工法とは

コンクリートの仕上りがよく
部分補修で良い場合に
行う部分アートシステム工法。

今回の施工方法はグラデーション工法です。
部分的なので、周りの躯体の色に合わせるのが難しく
色を作るのが大変でしたase

が、しかし自信をもって施工してきました。

IMG_0183 IMG_0184

補修材を塗った場所にペーパーをかけます。
幅広くぼかすため、補修した部分以外にも幅広くアクアベール500をローラーで塗ります。

IMG_0191

ベース色を塗ります。ちょっとボケたでしょ(笑)

仕上げに
IMG_0192
薄い黒を全体的にスポンジで叩き
濃い黒を軽くポンポンっと叩いて完成。
IMG_0193IMG_0194
なかなかの出来でしょo0020002010474655304

色を作るが苦労しましたが、「上手くいって良かったぁ?」っと

思い自分にご褒美です(笑)

現場帰りに先輩とラゥ?メンですo0020002010481507173

IMG_0195

ラーメン食べて次も頑張るぞ?っと思った

IMG_0196
二郎系ラーメンにハマってる友’s blogでしたo0020002010507631349

塗り壁だからいいんです!!

2012.04.07   カテゴリー:八幡の職人, 左官事例, 漆喰

皆さん、こんにちは。 『一の書簡』 担当の八幡吉彦です。

4月に入りすっかりと春らしくなりましたね?。 東京の桜もそろそろ満開を迎えそうです。
暖かく『なり』、生き物全てが活発に『なり』、僕はとってもうれしい『なり?!!』
・・・スイマセン。 なんのこっちゃわかりませんね。 春は人をおかしくするゾ! うん。

そして、そして!?4月″と言えば新年度スタートの月であります!!
入社、入学、入浴! 『入浴?』  ・・・それちゃうやろ!!うん。うん。
と、まぁ 新入社員、新入生は勿論。それ以外の人々もみんな?やる気に満ちあふれる″
『エネルギッシュエイプリル』なのであります!!!

我が家でも昨日は次男『晴人』の小学校の入学式でした。

P1080636

どうですか!!この?やる気に満ちあふれた顔″

親の顔が見てみたい!! ふふふ。。。
———-☆———–☆———-☆———-☆———-☆———-

くだらない前置きはさておき、左官ブログに突入します!!

今回は弊社が昨年末に施工した、内、外壁スイス漆喰「カルクウォール塗り」の物件をご紹介いたします。

先月末に施工後初めてお邪魔させて頂きましたが、超?おしゃれな家に変身してました!!

P1230441
じゃじゃじゃ?ん!
いい感じでしょ?

?いい感じ″のひみつは・・・

P1230445 P1230451 P1230456

そう。さりげなく置かれている小物類・・・。

でも想像してみて下さい。 もし壁がサイディングだったら???
きっとこんないい雰囲気の家にはならないはず。

塗り壁だからいいんです!!

家の中だって。。。

P1230492 P1230496 P1230480

漆喰が家具や置物などを最大限に引き立てます。
そして空間までもをコントロール。

P1230506 P1230484 P1230510

クロス張りの室内ではこの雰囲気は出せないでしょう・・・

そう。

塗り壁だからいいんです!

009

Data

件名: 用途:
区分: エリア:
業務範囲:
 

pagetop