無駄なことなどない!

2012.05.31   カテゴリー:八幡の職人

はじめまして、タハラといいます。

八幡工業に左官屋見習いとして入社して早いもので2カ月が過ぎようとしています。

毎日学ぶことだらけで、忙しくも充実した日々を送らせてもらっています。

ここで軽く自己紹介。

田原亜沙子、22歳。

最近はドリカムにはまっています。(朝ドリカム聞くとテンションあがるんですよね。)

ホントに軽くになってしまいました。

実は私シャイなので自己紹介というものがあまり得意ではありません。すみません(^^;

詳しくは「只今左官修行中!」の齋藤さんのブログを読んでみてください。

http://www.yawata-sakan.com/blog/?p=6854

さて、毎日仕事をさせてもらっている中で感じることは沢山あります。

その中でも最近感じたことは、

無駄なことなどない!!

ということ。

どういう意味かというと・・・

まず、見習いの仕事というのは養生、掃除、材料作り、基本はこの作業の繰り返しです。

そう、この作業自体無駄ではないのです。

当たり前かもしれませんが、養生をしなければ次の作業をすることはできません。

材料を作らなければ塗ることはできません。

掃除をしなければ作業を終えることはできません。

養生や掃除に限らずひとつひとつの作業は次に繋がる、その作業をしなければ終わることは出来ない。

つまり、ひとつも無駄なことなどないということなのです。

もちろん、作業の中で無駄な動きをしてしまうこともあると思います、

それをいかに効率良く、かつ丁寧にやるか!が大切なのかな?と最近気が付きました。

だから養生ひとつでも丁寧に、時に大胆に、でも時間をかけすぎないように心がけています。

それは鏝で壁や天井を塗る時も同じなのかなと思います。

だから今やっていることに無駄なことなどひとつもない、

将来必ずあの時やっておいてよかったと思う日が来るのです。

上手く伝わったでしょうか?

初ブログなものでちょっと不安ですが・・とにかく!

毎日やっていることは仕事に限らす良くも悪くも将来につながるということなのです。

今こうしてブログを読んで下さっていることもきっと無駄ではないのです。

良い方に繋がればいいなと思いますが。(笑)

では、明日も頑張りましょう!

以上タハラでした。

FxCam_1337744562160

*写真は現場で行った茨城県のつくば山です。田んぼに写ったつくば山がキレイでした。

ゴミ捨てだぁーい☆

2012.05.22   カテゴリー:八幡の職人

どうも友’s blogです。

先日、天気が雨模様だったので

会社で廃材置き場の片付けをしました。

IMG_0339

見てください。この廃材の山!

「一ヶ月でこんなに溜まっちゃうんかい!!どんだけ忙しいんじゃい」っと

心で叫びつつも

「お客様あっての八幡工業ですから、喜んで廃材を捨てさせていただきますo0020002010490410403

と感謝を込めて開始!!!

IMG_0338 IMG_0341

ダンプを横に止めポイポイ投げ込みます。

あれれ・・・左の写真で
一人、フェンスをつかんで遊んでるやつがいますね!
「しっかりやれよ?」っと注意☆

IMG_0340

「やかまし?(笑)」っと言いながらも、ちゃんとやってくれる哲男君♪

IMG_0345 IMG_0346

四人でやると早い早い!あっという間にダンプに積まれていきますねo0020002010474655304

IMG_0349

残り少ない廃材をスコップで!
あと、もう少し!!!

IMG_0351 IMG_0352

山のようにあった廃材が無くなっちゃいましたね☆

一人でやると半日くらいかかるのですが、四人だと二時間弱で積んじゃうんですね。

一人の力って限界があるが、その限界を伸ばしてくれるのは

力強い人達がそばにいることがどんなに大事な事かと

よーくわかった一日でしたo0020002010507631349

『擬木』

2012.05.17   カテゴリー:モルタル造形, 左官事例, 左官工法

こんにちは。 連日の消防団操法大会の練習で太ももが痛い『一の書簡』担当の八幡です。
30歳過ぎてからの猛ダッシュは、さすがに堪えます。(仕事を終えてからですからね。)
大会は今月の27日。 もうひと頑張りってとこですね。

さて、今回のブログは ずばり!! 『擬木』 です。

擬木とはコンクリートやプラスチックを用いて自然の木を模したものの事です。
公園やテーマパークどでよく見かけますよね。

実は僕が今一番注目しているのが、擬木をはじめとする造形物です。

先日、晴海のトリトンスクエアで開催された大江戸左官祭りでもご当地仕上げとして
東京代表で吉村昇師匠が擬木の技を大勢の方お前で披露しました。
素晴らしかった!!(だいぶ緊張してましたが。)

左官の世界の奥の深さ、無限の広がりを改めて実感しました。

今後はこの?造形″ に力を注ぎ、八幡工業を更に進化させたいと考えています。

ということで師匠に負けてはいられません。(怒られる?)
吉村興業での修行時代に伝授して頂いた技法を駆使して
二種類の擬木を作ってみました!!

DSC_0055 DSC_0564
それぞれの下地の状態。
左: ラスカットに造形用モルタルを塗り付けています。
右: ボイドにラスを巻きサンドモルタルで下塗り。
(ボイドは下塗り乾燥後引きぬく。)

DSC_0063 DSC_0607
塗りつけ完了。
右に関しては更にモルタルを塗り付けた部分あり。

DSC_0065 DSC_0612
造形中。
左に関しては夢中になり過ぎてほぼ仕上がり状態。

DSC_0075
板目の擬木造形完成。
木目は?ひらくり鏝″という左官の道具を使って造形します。

DSC_0632
丸太の古木完成。(その1)
ひらくり鏝、針、刷毛等を使用します。

DSC_0643
丸太の古木完成。(その2)

ということでそれぞれの造形が完成です。 作業中の写真がないのが残念です。
スイマセン。 次回は誰かに撮ってもらいます。(笑)

昇師匠は僕によく言います。

『擬木は本物という?お手本″がそこらじゅうに沢山ある。 いろんな木をよく観察して自分なりにアレンジを加えてカッコよく造形しろ!! そうすれば技術は自然と身につくぞ!!』

なので僕はよく木の写真を撮っています。 ちょっと怪しいでしょ?

さあ!!もっとリアルにカッコよく造形できるように勉強だぁい!!!

DSC_0116 (2)

近いうちに会社のこの壁を造形仕上げする予定です。 楽しみ、楽しみ。

ということで着色の様子は次回としま?す!! (急な展開ですが。)
お楽しみに!!

DSC_0577

さらばじゃ!!

Data

件名: 用途:
区分: エリア:
業務範囲:

「おとめの左官」の祈りとは?

2012.05.15   カテゴリー:八幡の職人

只今 「左官修行中!」齋藤です。

この春入社の女子・田原亜沙子さん 21歳

彼女は「職人希望」です。

大学まで出てなんで?

と不思議がる人も多いかと思いますが、

『左官を知ったきっかけは?』 と、たずねると

田原:『これといったきっかけではなくて、なんとなく「左官」という仕事を目にし、

耳にしたことはありました。 あえていうなら、多分テレビの「劇的ビフォアアフター」「情熱大陸」

で興味を持ったのだと思います。』

そんな田原さん「ちいさなころ なりたかった仕事は?」ときくと

田原:『小学生の頃はパン屋さん、ケーキ屋さん(食べ物ばっかり…。)』

『その後は、盲導犬の訓練士、食品サンプル職人・・など色々興味を持っていました。』

syuyaku2*新入社員歓迎会のときの田原さん(左)、右は1月入社の先輩・長さん

主役のふたりとも満面の笑顔でいいですね??!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

田原さん、実は昨年一週間、八幡工業で研修を受けていました。

そのときの印象は?

田原:『ひとことで言うと「楽しい!!!」でした。

もっとこの仕事について知りたいと思いました。

あと、皆さんが優しかったのが印象的でした。』

kangeikai

そう、みんなとても喜んでいますよ!!

「左官」に興味を持ってくれる女子がいる、しかも職人になりたい!!なんて!!

普段、地味な裏方に徹している自分たちの仕事が認められたようで、

とてもうれしい気分になりましたよ???。

ところで、家族のみなさん心配していませんか?

田原:『両親も姉も妹も「がんばってね!」と応援してくれています。

両親は自分の好きなことをやりたければやりなさい。という人なので反対はまったくされませんでした。むしろ喜んでいると思います。』

今後挑戦したいことは?

田原:『擬木、擬岩も楽しそうだし、研ぎ出しにも興味あります!!』

座右の銘/大事にしている言葉は?

田原:『 「有限実行」 。= 口だけは嫌なので。

あと言葉ではないけど、中途半端は嫌いですね。

何事も最後までやり遂げないとと気が済まないタイプです。』

実にいいぞ????!!!芯がしっかりしていますぞ!!!

さいごに「今の意気込みをひとこと!!!」

田原:『やっぱり私はまだまだなので早く仕事を覚えて、自信を持てるようになりたい

ので、とにかく頑張ります! 「やる気」だけはあります!!(笑)』

??????????????

Q&A

11の質問票にびっしりと記入してきてくれたのを見てもわかるように

とっても「まじめ」で「ていねい」。

一生懸命な気持ちがビンビン伝わってくるようです。

いろいろな仕事を早く覚えられることをみんなも祈っています!

ガンバ・タハラ!!!



「おとめの左官」に期待す。

2012.05.13   カテゴリー:八幡の職人

只今左官修行中の齋藤です。

八幡工業にもついに!!

女子新入社員が入社。

田原亜沙子さん 21歳

この春、大学を卒業してきました。

大学では、“日本の建築”の授業で、

近所の神社のことについてレポートを書いたことが楽しかったそうです。

tahara1

tahara2

そんな田原さん、4月入社からひとつき経ちました。

5月、人生で始めての『初任給』のこの日、

八幡社長から給与明細を手渡されニッコリ!!

記念すべき『初任給』使い道は?? と聞くと、

『迷ってます: とりあえずは両親に何かしらしたいです。

あとは地味に貯金、のこりは自分のために使います!』

——- とのこと。しっかりしてます!

今日は「母の日」。きっと家族みんなでお祝いしてるのかな。

じつはわたくし齋藤、田原さんにあやまらなくてはいけないことが。

入社したての彼女にうっかり言ったことば

『みんな一月経たずに辞めちゃうんじゃないかって賭けてるぞ?!!』

彼女相当気にしていたようで、ごめんなさい。

この姿を写真に撮りブログで紹介できることを楽しみにしていたばかりに、

やめて欲しくない!!の裏返しでつい言ってしまったのです。

この場をお借りしてお詫びします。

さて、入社一ヶ月を振り返っての感想をもとめると、

『あっという間でした・・・。

あらためて考えると、場の環境に慣れるのに必死だった気が(今もですが[笑])。

でも、仕事をしていて楽しい。これが一番の感想です。』

う??む、なんともうれしいじゃないですか。

男ばかりの世界に女子ひとり、きっと心細いことも多かろうと思いますが、

なんとも力強い答え。

で、何が特に面白かったの?かと聞くと

『作業はなんでも楽しかったです。だから特に!といわれると悩みます。

あえていうなら「京壁はがし」と「レンガの目地詰め」ですか。

それにカルクウォールひとつ(スイス漆喰)で色んな表情を出せるのも面白いし、

養生もやり方が色々あって、全て奥が深いです。』

なかなか感心感心。でも優等生な答えだな・・・と、いじわるな筆者は

「正直これは『きついな?』ってことは?」と聞いてみた。

田原: 『今はだいぶ慣れたけど朝が早いことです。

あと仕事とあまり関係ないけど、ご飯づくりがきついです。

あと正直マゼラー(攪拌機)は案外つかれますね・・・・。』

齋藤 : 『ご飯つくりこそ大事。体力勝負の職人の世界、体調維持のためにも

しっかり食べて栄養つけてこそ、心も体も元気で良い仕事ができます。』

とにかく、始終笑顔で「仕事=楽しい!」の田原さん、

今後の活躍に期待ですね。

実はこの質問は私齋藤が、事前に作ったアンケートに答えを書いてきてもらった

ものを構成しました。

質問は全部で11項目。

例えば、『左官を知ったきっかけは?』

気になった残りの答えは、次回につづくです。

 

pagetop