銀座の高級マンションには「カルクウォール」が似合う。

2012.11.29   カテゴリー:漆喰

先日1年点検でおじゃました

銀座のマンション K様邸のお部屋。

内部、リビングダイニング、キッチン

玄関、廊下、寝室 と全室、純白の輝き。

スイス漆喰「カルクウォール」の仕上げです。

genkan

昼と夜、明りによって変化する表情を楽しむ左官壁。

自然素材「漆喰」だから石、タイル、木材とも調和する。

P1080516

上質でシンプル、なのに味わい深い手わざの塗り壁。

高機能な素材は、暮らしを付加価値ある空間にかえます。

P1080529

紅葉とカルクウォール

2012.11.27   カテゴリー:イベント, 漆喰

今日はいい天気でしたね。
営業・斎藤、本日はバスツアーに初参加してきました!
材料メーカー・イケダコーポレーション主催の
「スイス漆喰の家巡りバスツアー」VOL.19です。
このツアー、前々からチャンスがあったらぜひ参加したいと思っていました。
工務店、設計士、建築のプロのみなさんと千葉方面の
カルクウォール漆喰仕上げのおしゃれな物件をたっぷり見てきます。
朝10時東京駅、鍛冶橋駐車場集合。


bus

大きなバス!一体何人乗り?
って思ってたら、続々参加メンバーが乗り込み満席。
参加者が27名、添乗スタッフが7名、それに運転手さんで35名。
移動中の自己紹介で、驚いたのは遠方からの出席者の数・・・
遠くは岡山、大阪、神戸、三重、名古屋と新幹線組なんと半数。
関東圏からは、神奈川、厚木、相模原、埼玉、茨木、栃木・・・
うわ?葛飾からの私が一番近い。みなさん熱心だなぁ。
しかも2回目、3回目のリピーターさんも。
そう、いつも満席でなかなか予約が取れず、今回ようやく乗せてもらえたのです!


koutei


本日のメニューは、午前中1件、午後1件のゆったりプラン。
どちらも千葉のSUDOホームさんが設計・施工した新築戸建ての物件です。
12時 千葉ユーカリが丘に到着。


yukari


左にいる方が須藤専務、設計の責任者として説明ガイドして下さいました。


ie1
造成地の中に建つ、ひときわ目を引くモダンな四角い箱。
これが本日ひとつめの作品。
コンセプトは「内にひらく家」。
ちょっと見 シンプル、でも実は細かいディティールの作り込み。


hirakuie
この、内にひらいた空間(中庭)が外とつながり、
自然に通風と採光を取り込むのです。
この時期、みごとに赤く色づいたもみじがお出迎え。


momiji

外からもいいが、中からがさらに感動!

真っ白なスイス漆喰の壁と無垢材、
そして漆喰の外壁に映えるモミジの赤。
季節が春から夏には、青々とした木が爽やかなことでしょう。


kouyou

須藤専務の説明によると、
お客様に喜んでいただくための
コストパフォーマンス(費用対効果)を
あげるポイント、それはデザイン性能で勝負!。


自然素材・天然素材を用いるのはもはや当たり前。
単に材料費を抑えただけのローコストではだめ。
SUDOホームが使うメインの材料は、納得したものだけを限定採用。
【 外 部 】 は、板・ガルバ・カルクウォールの3種
【 内 部 】 は、板・カルクウォール・紙クロスの3種
実にシンプルこの上ない。

しかし、といって決してデザイン至上主義ではなく、

気持ちの届く、住み心地を追求したデザインなのだ。


bedroom
このベッドルーム、ドアの代わりにドレスのような生地をあしらったり
ラワン合板をテーブルやキッチンに使っていたり斬新です。


kichen

まわりを格子の木で目隠しされた静かな一階、
それが2階に上がると、仕切りのない空間で一気に視界がひらけ
空と家族の暮らしだけに意識がおさまる。

まさに「内にいるのに気持ちがフワッと開く
なんとも心地よいリラックスした空間になっており、
ああこんな家に住んでみたい・・・と実感。


mado

この心地よさの秘密は、本社がある北海道にヒントが隠されていました。

北海道の住宅では全館暖房が基本。

関東のような小割りした間取りでは、

せっかくの高気密・高断熱の良さが売りの住宅でも、

寒い部屋が生まれてしまうのだ。

ワンルームにすることで暖房・空調も効率よく

間仕切りのない構成におのずと開放感が生まれる。

さらに、パーテーションがないので内壁施工面積も減り合理的。

視覚を遮るものもないので、明かりが降り注ぐように暖かい。

室温15度以下にならないことが、温度計の実測データで証明。


20

この「内にひらく家」 もっと詳しい情報はこちらにあります。

http://www.uchisotohouse.com/uchi/


asumigaoka

午後は、もう一棟別の物件へ1時間ほどかけ移動。

あすみ常設モデルハウス

ここもカルクウォールが標準使用で、

階段を中心に空間をセパレートした

光と風を積極的に取り入れた、明るい家です。


calkwall

漆喰の塗り壁ならではの表情が楽しい。

k

まるで、カフェのような真っ白で明るいキッチン。


glass

この、手作りのガラスシェードは作家さんとのコラボ。


sudosenmu

記念に、須藤専務と2ショットいただきました。

ご本人「技術屋」と言う。が、そのビジネス哲学にも学びがたくさん。

年間、40棟、すべてオープンハウス公開する。
自信があるから戸別営業やしつこい売り込みはしない。
ムダを省くためには積算や事務系のシステムを大胆にデジタル化。
余裕のある仕事をしたいから、一棟 600万円の収益を目標にすえる。
最初にしっかり 『身の丈にあったプラン設計』 をすることで、
業者や職人に無理を科せたり、泣かせたりしない。
・・・・
こんな会社といっしょに仕事がしたいです。
まだまだ書き尽くせませんが、キリがないので今日はこの辺で。
またチャンスがあったら見学したい、
次の物件が楽しみな工務店・SUDOホーム さんでした。
最後に、イケダコーポレーションのスタッフの皆様、お疲れ様でした。
たのしいバスツアーに参加させていただき有難うございました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ほかにもこんな可愛いお家がいっぱい。

手作りのBOOKが、またいい味です。


book

http://www.sudo-con.co.jp/

『左官屋さんの塗り壁体験会』無事終了!

2012.11.26   カテゴリー:イベント, 塗り壁体験会, 漆喰

営業・斎藤のレポートです。

『左官屋さんの塗り壁体験会』無事終了しました!
八幡専務とあたためて準備してきた企画です。

手書きでチラシを作り、ご近所の団地の郵便受けにも200件近く

ポスティングさせていただきました。(ちゃんと許可をとりましたヨ。)

event001

日時 ?: ? 11月23日 (金) 勤労感謝の日
午前の部 ? ?10時?12時   (9時30分集合)
午後の部  14時?16時  (13時30分集合)
人数 ?:  各回 限定6名 (計12名)
参加費 : ? 1000円 (飲み物・お菓子・おみやげ付き)
会場 :  (有)八幡工業 営業センター
住所 : 〒125ー0031 東京都葛飾区西水元2?11?17

今までも展示会やメーカーさん主催のセミナーなどでは、
何度かお手伝いしてきたことはありましたが、
社員だけで、しかも会社を会場にして行うというのは初。
企画・準備・広報宣伝と、すべてが「はじめてづくし」

だったので、苦労はたくさんでしたが いい経験になりました。
じつは、リハーサルもかねて前の週末18日には「塗り壁勉強会」
を、イケダ コーポレーションスタッフの皆さんとやっていました。

DSCN6140

まずは、左官の基本 「こて返し」の練習。
コテ板の上にのせた材料を金鏝でさっとすくい上げ、再び板に戻す。
これをこぼさず、できるまで20分ほどひたすら繰り返す。

そして、作ったばかりの「塗り壁練習台」の使い勝手を確かめつつ、
モルタル、漆喰、珪藻土・・・と様々な材料の違いにトライ。

iphoto

さすが、一流材料メーカーのイケダスタッフ、皆さん営業職ながら
普段から塗り壁のサンプルを自ら作ったり、時には実演もされている
みなさん、なかなか筋がよろしく教えがいがあります。

つねに上を目指し他社の材料も勉強する、研究熱心な皆さん、素敵です。

ikecos

そして迎えた金曜日、この日は一般参加者を募り開催。
参加者は午前3名、午後の部3名。(男女比も 3:3)
エンドユーザーさんと、これまた勉強熱心な設計士さんが来てくれました。
八幡スタッフは社長、専務、橋爪、斎藤のイケメン!?4名と、左官ガール田原。

P1230709
あいにくの雨模様、寒?い倉庫内での実習にもかかわらず
みなさん真剣にときには笑いもありで楽しい一日でした。

ご紹介した使用材料は、岡山・辻建材さんの「ロハスウォール」珪藻土と

イケダ コーポレーションのスイス「カルクウォール」漆喰の2種。

それぞれの塗りの勝手の違いを、実際に自分の手で確かめていただくのが
なによりの経験だろうと、いうのが最大の目的。
最初にプロがちょっとだけお手本を見せ、あとはフリータイム。

まずは、養生のしかた、そしてコテ返しの練習、そして塗り。

IMG_5428

P1230711
もちろん「左官」は職人さんの様に真っ平らに塗るの難かしい、
でも壁に塗りつけていくのは誰でもできる。
だって昔の人たちはみ?んな自分で家をつくっていたんだもの。

AM3
最初はぎこちなく洋服や靴も汚してしまった人も、
いつのまにか無心になって模様を考えたり、道具の角度を気にしてる。
そう、子供のころ飽きずにやった泥遊び・砂遊び・粘土あそびといっしょ。
楽しかったら汚れなんか気になんない。
2shot
そして、あっというまに2時間が過ぎ。
気がつくと「腕が痛い??」の合唱。そう普段使わない筋肉ですからね。

手を洗って着替えたら2階のセミナールームでいっぷくタイム。
お茶とお菓子をいただきながら、座学の時間。
私がご用意した「漆喰と珪藻土の違い」の説明映像を見ていただきました。

IMG_5452
みなさん、先ほどまで触れていた柔らかい漆喰が、石にかわるメカニズムや
珪藻土は植物性プランクトンなんですよ!なんてことにガッテンしていただ
きながら20分程度、私のつたないお話に耳を傾けていただきました。

P1230717

こちら午後の部の3人さま。
終わって、感想を聞くと、

「とにかく自分で塗れるんだ!」そして、「楽しかった???!
「また次回も参加したいです。」 うれしい答えがいっぱい。

皆さんの喜びの声と笑顔で、八幡スタッフもたくさんパワーをいただきました。
また、「体験会」やりますよ???!!
ブログやFacebookで随時お知らせしていきますので。
お楽しみに。  営業・斎藤のレポートでした。

 

pagetop