「この壁、ぬりたて!」につき。

2013.03.29   カテゴリー:八幡の職人, 漆喰

あたらしいリフォームの事例報告です。

渋谷のマンション、お客様は若いご夫婦、の新居。

仕上げはスイス漆喰カルクウォールの白い壁。

施工責任者はヤワタ工業中堅・平野さん!

P1250887

現調に行った私の予想では一週間はかかるかな・・

と思っていましたが、キッチリ早っ、5日で納めてくれました。

さすが!平野大将。ありがたや??。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、お施主様、工務店さんに必ずお願いしていることがあります。

数日間養生・乾燥期間が必要です!と。

左官の仕事は、壁であれ床であれ、塗ったあとすぐには触れません。

よく、塗装屋さんが 「ペンキ塗りたて」って札を貼りますが、

左官も 「この壁、ぬりたて!」 なのです。

P1250889*ヒラノオリジナルのパターン仕上げ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現場監督さんや設計担当者の方と打合せで、

工程表を見て 『左官屋さん、何日かかるの?』

私、「一週間いただきます(内装の場合)」

「4週間は最低でもみつもってください(外壁の場合)」

監督 『・・えっ、そんなにかかるの・・・!!!!!』

私、「ええ、かかります。」

はじめて塗り壁という「湿式工法」に直面した方々は一様に驚き、

そして工程の見直しを余儀なくされるのです。

これには私も申し訳ないな・・・と思いつつも

(心を鬼にして) キッパリ 「かかります。」 といわせていただきます。

とくに外壁は、モルタル下地で下塗り・中塗りとそれぞれの工程の後に

一週間の乾燥養生期間が必要です。

乾燥が不十分だと、ひび割れや剥がれの原因になるのです!!

また、雨や風など天候の影響もあるので、余裕をもった工程管理をお願いしています。

P1250897

*モザイクタイルとのコントラスト、美しいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塗り壁は、たとえば室内の施工の場合、

塗り終わって乾くまで、2日間は触っていただきたくない。

だから、乾燥期間を見込んで少し余裕をもってスケジュールを組んでもらうのです。

・・・・・・・・・  ただし、こんなおもしろい実例があります。

施工したのはマンションのベッドルーム。

塗って引き渡したその夜からお客様は部屋の真ん中にペッドを置き

お休みになりました。 ????仕上がった壁に触らないというお約束で。

お客様、次の日にとても気持ちよく熟睡でき、朝も清々しかった。

と、いってくださいました。

kitchen

スイス漆喰は、臭いがまったくない材料なので、塗ったその日でも安心。

逆にハウスシックの原因、有害化学物質のホルムアルデヒドも吸着分解してくれます。

壁紙やペンキはどうしても匂いがつきものなのに対して、

その日のうちに休める! すごいと思いません!?

ただし、注意。湿度が急激にあがります。

塗った次の朝、現場に行くと サッシのまわりとか結露がすごいことになってます。

これはマンション特有の高い気密性のため。

ですので、できれば窓を少しあけていただくか、

送風機や除湿機で対応していただくようにお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、しっくいVS ビフォアー&アフターをご覧ください。

ぬりたて!でも大丈夫な スイス漆喰カルクウォールによるリフォームの全貌です。

before after04

before after03

before after02

before after01

営業・斎藤の とれたて、ぬりたて現場レポートでした!

あたらしい営業先の報告。

2013.03.27   カテゴリー:漆喰

営業・斎藤です。

先週は茨城方面の工務店さんに新規営業に行ってまいりました。

いままでお世話になったところも、これからお近づきになりたいひとも・・・

いずれも個性的な打ち出し方をされている会社や担当者のみなさん。

かけあしで回った先々、駆け足でご紹介します。

P1250735

三市ハウジングさま

数棟、カルクウォールの外壁仕上げを担当させていただいています。

今後ともどうぞごひいきに!


P1250738

ファーストステージさま

若いスタッフで勢いのある会社。

担当デザイナーさんは、エイジングや造形にも興味をもっていただきました。

P1250743

東洋ハウス工業さま

HAPPINEST というブランドをプロデュース

水戸の家づくりスタジオ 実は弊社も参加しました。

P1250751

正面一階部分 ゴシックなモルタル造形は福島の左官屋さん施工。

ヤワタ工業は2階と庭側の白いしっくいを仕上げさせていただきました。

ショールーム内部も実にステキな雰囲気でした。

P1250763

P1250766

ハウジングイストさま

カルクウォール仕上げによる物件は今回が初めてということで、

大工さんにしていただきたい施工のご案内、工程の説明など・・・

図面を見せていただきながら、具体的なお話しをさせていただきました。

P1250806

P1250805

左が担当の福田さん

そして水戸店店長の渡邉社長。

宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、工務店を巡って思ったことメモ。

まだまだ住宅の外壁はいわゆる「乾式」仕上げが中心。

サイディングや、ペンキ仕上げの施工期間の短さや価格のリーズナブルなことはよくわかります。

今まではそれでよかったでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも今後はユーザーの家づくりの目が肥えてきます。

お施主様は、一生一度の買い物にものすごく勉強しています。

経済面の安さだけでなく、まず健康のことに気をくばります。

そのためにはひとにやさしい家でなければいけません。

さらには環境やエコロジーにも配慮した建築を考える必要があります。

そうすると、自然と材料が天然・自然なものになります。

それらを効果的に用いるべき工法は日本の伝統的な木造建築。

それに気づいたとき、壁はおのずと湿式の左官仕事になるのです。

内部は、調湿、防臭、空調性能にすぐれた漆喰や土もの仕上げで健康な空間に。

外壁は、雨風、気候の変動に打ち勝つ、しっくい壁。

汚れに強く、丈夫で長持ちするスイス漆喰は、メンテナンスの負担を減らし、

かならずや未来の子供や孫たちに感謝されることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それに気づき始めた建築家さん、工務店さんは動き始めています。

われわれ左官はできる限りその声に答えていかねばいけません。

ちょっとエラそうなこと書きました。




八王子M様邸の白い壁(内・外)仕上がりました!

2013.03.25   カテゴリー:リフォーム事例, 八幡の職人, 漆喰

営業・斎藤からリフォーム物件完成の報告です。

現場は、築数十年のお屋敷。

玄関ドア、窓サッシの交換にあわせ

汚れが目立ってきた外壁のリフォーム塗り替えをさせていただきました。

仕上げの使用材料は、スイス漆喰カルクウォール の輝く白!

IMG_0236

IMG_0237

外部はペンキの壁でしたのでまず、洗浄後、カチオン処理をしてミネラル下地を塗布、

カルクウォール、コテラフパターン仕上げです。

IMG_0240

IMG_0239

内部は、玄関・廊下・リビングダイニングキッチンのリフォーム。

IMG_0258

注目は、この立派な梁。

IMG_0257

従来は天井で隠れていた曲がり梁をあらわしにして

天井高を屋根下まで持って行ったこと。

解放感にあふれた空間にまぶしいほどの白い壁が映えます!

IMG_0256

窓からの陽だまりがお部屋全体にひろがります。

職長・江端理(おさむ)の仕上げ作品です。

osamu

Data

件名: リフォーム 用途: 住宅
区分: エリア: キッチン,リビング・ダイニング,壁,天井
業務範囲: 左官工事

桜咲く! カルクも映える新居かな。

2013.03.22   カテゴリー:リフォーム事例, 八幡の職人, 漆喰

東京は桜のみごろのようです。

今週末、みなさんお花見ですか。

本日は営業・斎藤からの完成報告です!

エンドユーザーから直接ご依頼をいただいた物件

先日、お施主さまにご確認いただき、無事お引渡し完了!!

スイス漆喰カルクウォールの内装仕上げです。

sakura

今回のお客様は若いご夫婦。

実は、WEB から「しっくい塗り替え」業者を探して

八幡のホームページにたどり着いて、お問い合わせいただいたのです。

マンションの入居にともない、既存の古いビニールクロスを塗り替えたいという要望。

いや??営業で靴底をすり減らしている私より、ホームページ君の方が優秀!!って・・・(笑い)

いえいえ、お客様、ちゃ?んとブログの内容もご覧になって「ここなら任せられるかな」 と思ったそうですヨ。

最初のお打合せから、吉彦専務とわたくしサイトウのふたりで伺い、どんなご希望かを綿密にお話しさせていただきました。

Goodjob

ご夫婦を中央に左・サイトウ  右・吉彦専務

引き渡しの最後に、「完成記念!」 ということでいっしょに。

おふたりとも、『Goodjob!!』 と、すごくよろこんでいただきました!

壁・天井、すべてスイス漆喰のフラット左官仕上げです。

通常よりワンランクアップの丁寧な平滑押さえ。

砂目がうっすら残るシビアな状態なので、水引き具合には非常に神経をつかいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お客様もお仕事で忙しいなか、施工の途中も何度か足を運んでいただき

工程はご覧になってくださっていたのですが、やはりすべてがきれいになって納得いただけたようで

われわれもホッとしました。

では、堂々の完成全貌を披露します!

hall

玄関ホール

rouka

廊下

rest

トイレも明るく、さわやかになりました。

powder

パウダールーム

room1

ベッドルーム

room2

この部屋は一面だけ、さし色の壁

きれいになあれ!祈りをこめて鏝おさえ

kiiro

「幸せの黄色い壁」

green

リビングの一角のグリーンのアクセント壁。

kitchen

kitchen

白いタイルとの相性もバッチリのキッチンの清潔な白いしっくい壁。

冷蔵庫のうしろがわまでしっかり仕上げます。

LDK

LDK

中央にはどんなランプがつくのでしょう。

きっと明りで昼・夜の表情がガラリとかわることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがだったでしょう。

今回のような、塗り壁リフォームにはさまざまな工程が必要です。

まず、床を傷付けないように養生して、器具を外す

ガラスサッシやドア建具などを汚さないように養生、

パテ・ファイバーテープなどの下地処理、

あくどめのシーラー、ミネラル下地の塗布、

カルクウォールの仕上げ、

そして

壁が乾燥するのを待って器具付け

養生撤去

掃除。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん、「壁塗り」仕上げはメインイベントではありますが、

その前後の準備と片づけに多くの時間と労力を費やすのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで仕上げには吉彦専務が陣頭指揮に立ち、

大勢の職人さんたちが10日以上がんばってくれました。

スタッフのみなさんお疲れ様でした。

お客様よい出会いのご縁をありがとうございました。

癒しの空間でご夫婦仲良く健やかにお過ごしください。

staff

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
弊社・八幡工業は、スイス漆喰「カルクウォール」の施工代理店として
メーカーのイケダコーポレーションさんと同様の価格で自社で直販。
お客様にとって納得のGoodPriceで快適健康な空間が手に入ります。
もちろん、材料を知り尽くした自社の職人で責任施工いたしますのでご安心ください。
お家のことでご相談があれば 内外・大小を問わず声をおかけください。
できるだけ迅速にアドバイザー斎藤が、お伺いいたします。
「お見積もりは無料!」です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これからも、お客様の笑顔のために、もっともっと左官の魅力!
漆喰の威力をお伝えしていきたい、斎藤であります!!!!!



Data

件名: 用途:
区分: エリア:
業務範囲:

2階部分の塗り壁、完成しました!

2013.03.21   カテゴリー:リフォーム事例, 八幡の職人, 漆喰

こんにちはタハラです。

前回紹介した現場、完成しましたので写真をいくつかアップしたいと思います!

今回使った材料はおなじみ、スイスの漆喰カルクウォールです。

そして今回は白ではなく天然褐色のウラ(顔料)を入れて施工しました。

この色がまたこの建物の雰囲気にマッチしていました。

写真では伝わりにくいのが残念ですが、天井はフラット仕上げ、壁は鏝で模様をつける鏝ランダム仕上げです。

P1090457

P1090463

P1090460

P1090468

いかがでしたでしょうか。

解放感が半端ないです!

壁や天井を塗り壁にすることによって落ち着きのある空間になったのではないかと思います!

最後に・・・実はこの写真はすべて2階部分の写真です。

そうです、このアパートは2階建、

本日から1階部分の施工が始まりました!

また新たに頑張ります!!

では明日も元気に頑張りましょう!

以上タハラでした(*^^*)

Data

件名: 用途:
区分: エリア:
業務範囲:

新年初めのイベントは大盛況!!!!!!

2013.03.18   カテゴリー:イベント, 塗り壁体験会, 漆喰
かねてからお伝えしていました、 ヤワタ工業主催のイベント、昨日開催されました。
おかげさまで昨年開催した「塗り壁体験会」好評をいただき、2013年、第一弾イベントを企画しました。

塗り壁のスペシャリストと作る 「手作り漆喰アートフレーム」
スイス漆喰カルクウォールで おしゃれな壁飾りを作ろう ?

午前の部は10時から スタッフは6時半に集合して会場設営。

テーブルセッティングと塗り壁の練習台設置。

昨年の経験からみんなの動きも慣れたものです。

さまざまな飾り付けアイテムをとりやすいように並べます。 deco 準備がととのったところで腹ごしらえ、今日は牛丼弁当をいただきました! staff 本日のスタッフリストです。 今回はほぼマンツーマン体制なので8人の先生。 name でも呼び名はかわいらしく!(笑)

まずは「リーダーとしちゃん(社長)」のごあいさつ。

toshi

わたし、「のりぴ(さいとう)」 から流れの説明

木製 のパネルに、天然100%のスイスしっくいを塗り

顔料・色砂・・・など いろんな飾りで自由にデコレーション!

世界にひとつだけのアートフレーム作品が出来上がります。

noripi

そして「よっしー(吉彦専務)」 が作り方を解説。

yama

茨城県から女の子3人をひきつれてきてくださった「山やん」

プラスデザインの山本社長、いつもお世話になってます! IMG_4257 フレームの部分が汚れないように、テープでマスキング。 さっそく塗っていきます。 IMG_4259

鎌倉から参加の 「あさちゃん」、おどろきの新技法! 松ぼっくりの笠をころがして模様をだしてます。

IMG_4274 デコ素材の数々。 木の実や貝殻、タイル、ガラス玉、ボタン、ご自由にどうぞ! IMG_4265 レースを使って型染めの技法に挑戦! IMG_4269

子供たちはデコレーションに夢中。完成が楽しみです。

IMG_4332

親子で手形を今日の記念に! すばらしいアイディアのほほえましい光景です。

IMG_4314

そして恒例の 「塗り壁体験会」 左官のプロが教える技とコツ。

IMG_4278

できあがったひとから、しっくい塗り壁にもチャレンジ!!

IMG_4316

この男性は自分でお部屋の塗り替えを検討中。

イケメンいさお君がマンツーマンで指導!

IMG_4303 午後からは、材料のスイス漆喰カルクウォールで協力していただいた、

株式会社イケダコーポレーションの 高橋さんお休みを返上して駆けつけてくださいました。

後姿で失礼しま?す。 saito

最後は、みなさんお茶とお菓子でひといきついて

完成作品を見せ合い、感想をひとことづついただきました。

「たのしかった???!!!」

の笑顔がうれしかったです。

わたくしからは、材料の説明「カルクウォールの特性」をお話しさせていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、完成作品の披露です。

kalkart1kalkart2

みなさん完成した作品はそのままお持ち帰りいただきましたよ。

いまごろお家の壁をステキに飾っているのでしょうね。 小さいけど調湿・防臭・防カビに強い

「カルクウォールの特性」を実感されていることでしょう。

kinen

イベントの成功はこのみなさんの笑顔でお分かりですね!


pagetop