12月 « 2017 « yawata blog | 八幡工業ブログ

2017 今年もお世話になりました。

2017.12.28   カテゴリー:NaturaY’s, 八幡の職人

いろいろあって あっという間の2017年

流行語ですと、こんなキーワードがランキングしました。

・インスタ映え
・35億
・Jアラート
・睡眠負債
・忖度
・ひふみん
・フェイクニュース
・プレミアムフライデー
・魔の2回生
・〇〇ファースト

みなさん、いくつ答えられますか。
政治、経済、国際情勢、そしてネット社会
いろんな話題で盛り上がりました。
(もちろん、これ以外の災害や事件を思い出す方もいらっしゃるでしょう。)

6799911324940

さて、八幡工業の一番のハッピーな話題は、
職人の長塚勇さんが 全国大会に選手として出場したこと。

http://www.yawata-sakan.com/blog/?p=15505

そして、隣に並んでいる 左官女子・亜沙子さんと
【 結婚式】 をあげたことです!!!!!!

ISAOASAKO

全国大会に健闘した新郎・勇さんの笑顔と
新婦・亜沙子さんのあでやかで美しいこと。

IMG_5353

八幡社長、吉彦専務
会社と左官が縁で結ばれた世紀のカップルに感激ひとしお。

IMG_1417

お友達、ご親戚、ご兄弟、同僚の職人らに囲まれて大変盛大な披露宴と2次会でした。

IMG_1415

これからもいつ久しく仲良くお幸せに!

そして、
来年も 八幡工業、カフェサンワイズ、ショールーム・ナチュラワイズ
職人、スタッフ
ともどうよろしくお引き立てのほどお願いいたします。


スイス漆喰と左官造形による作品!前編

2017.12.23   カテゴリー:NaturaY’s, モルタル造形, 漆喰

葛飾のヨシウダ建築さんからのご依頼で
葛飾区内の住宅の内装工事を務めさせていただきました。http://www.yoshiuda.co.jp/

前回、外壁の漆喰+特殊造形を採用していただき、
施主様はもちろん、大工さんや他業種の工事関係者にも非常に好評をいただいたことで、
今回は内装の漆喰とあわせて造形をご提案くださり、
ふたたび採用していただく結果となり大変光栄です。

http://www.yawata-sakan.com/blog/?p=15370 *前回のブログ

01d0ae8d7afbd70419f0b823b5d19464d17427d04a

造形完成後に、エイジング塗装の担当:谷が 色付けしているところです。

0108fc5345713d060fe7ce92d1db38051a4b99b494

工事の流れ
まずは、大工さんが石膏ボードで壁を作ります。

0136ce3cccedebecc33b997ec6f7ce18b442525a2f

玄関ホールの一部に造形を施し、スイス漆喰の壁と天井に
自然と馴染んだように仕上げる。

これは、スイス漆喰を熟知している左官+特殊造形の技術
両方をかねそなえた 八幡工業・ナチュラワイズならではの仕事です。

01aa4a8e0446f7aadfd0c82f374ed17c5866bb68cf

完成した玄関ホール

01d6a86412630751d95d896a4dc3bb3ee71bab03e1

ニッチの板とR型の梁が造形です。
周囲の白い壁および天井はスイス漆喰カルクウォールの鏝塗り仕上げです。

01f9d94addaa20e6131fb6efbe8f0b57d374d98ad4

本物の木と見まがう 木目、年輪も再現した擬木仕上げ
完全手作り一点ものです

01b8d3fc1881b17a7efa738565193522802f197373

レンガの色合いもお好みに合わせてカラーリングできます。

013e008f1477c379779e096a4cc03b0761a8134442

造形+エイジング塗装が終わったら
最後に目地材を充填し

01f2054eda31c7dc7b815bb50506d1b0e5d8be7ea3

はみ出した目地材をウエスで拭いながら
程よく汚し、自然な経年変化を作り出す。

01eb376c7f4537bcef6af91e91501caae0a2341bd7

もとが曲げ加工した石膏ボードだとは思えませんよね。

012c75ad1b7cd2d0520a6bfb2f45923aa6604dba94

これは企業秘密なのですが・・・

今回は造形モルタル材料をあらかじめ調色して彫刻しておいたので
塗装の際、既にベース色が付いていて施工時間が短縮できました。
いくつもの現場で培った造形班、塗装班の阿吽の呼吸のような連携。
こんなところにも八幡工業ならではの工夫とチームワークがあります。

次回は階段室、そして2階のリビングダイニングの
漆喰仕上げの全貌をご紹介します。どうぞ、お楽しみに。
http://www.yawata-sakan.com/blog/?p=15667

01e6808592b66c8c20d3b97c610ce937cd61bc4f30

沖縄紅型(びんがた)調の造形デザイン壁

2017.12.23   カテゴリー:NaturaY’s, モルタル造形, 左官事例

今回は、特殊な壁の制作を営業:斎藤がレポートします。

沖縄の美しい海と空が好きな施主からのリクエストに答え
クリスマスまでに完成をめざした葛飾区の住宅エントランスの造形壁。

01398fdff30a3dd3535c22a30ebf7c15d51b81452c

*デザイナー:谷が担当した、紅型調のデザインスケッチ

琉球びんがたは、14~15世紀頃に始まったといわれています。

紅型は琉球王府、首里、浦添を中心に、婦人の礼装として、
また神事に関する古式の服装として摺込みの手法で染められたのが、
琉球紅型のおこりだといわれています。

01a3bd06023333d8dafbe68af59fdc9042f3b6e943

※ 完成した作品

下地はブロック塀、周囲は外壁と同じ赤いブリックレンガタイル

01b086fd432c1495c54ab1678b5931cd588cfecf49

真っ白い塗り壁には、家族でビーチコーミング採取した貝殻

01e1169615b959cec57ead5e7a5a8bb4ecfc60f5f2

そして、大小さまざまなサイズの砂利が埋め込まれています。

015749b8c45be8704b1badcecb7564605bbf7c5a26

今回は初めての施工でしたので、
事前に会社の倉庫作業場にてテスト制作をしました。

0161637dc648c3c22ac1387a3e1a8721c29995a5d2

手順や乾き具合、模様の出来栄えを確認してOK!

22815342_1504379649644002_4426298192356478517_n

これはちょっとケルトの文様にも見えるデザインですね。

・・・・

そして、本番!

015d80704c134dd8ee48102150f0a7c5767835fbd1

植え込みをマスカーで養生
あらかじめ下地までは出来ていています。

01ff310c806c0cbb1b185722bedda8c66c042f2d64

造形用セメントの白に寒水石を混ぜて捏ねます。

01bddb0e09dcae2154a9500e5db81244b4353ff497

鏝でたっぷり塗ります。
ポイントは「フラットではなく、わざとでこぼこに塗る」のです。

011a0fa75cae129e6e06bb4bdbde32719c168fd2ba

01eb1a867bc741ad5f56bcbfd9a64f64742711f73e

モルタルが乾くまですぐにフリーハンドで
貝殻、石を張り付けて模様を作っていきます。

01cb9af217ba0a1f59b6fd5d89fcd016eebe6ef946

花、波模様、風 、植物 ・・・
リズムのある配置でいろんなものが表現されます。

012bbcf6ab3d50e3c1d521f5ad474cbab0736ea50c

全体のバランスを確認しながらノンストップの業です。

012f78e35e1fe76df2856c42b91f84c565d4b66835

締まり具合をみて 一気に「搔き落とし仕上げ」です。

01b57c454cb5a31e389a2ccf84db21749444e10093

全体像見ていただきます。
『たねあかし』です。
実は、八幡工業の吉彦専務の自宅でした。
工事は施主自ら行いました。

・・・・

おまけ(壁の裏側)

014f6fc589c30032748fc2455cc409385e372c76e8

アワビ貝は、キラキラの螺鈿にかかせないアイテム
酸に数時間漬け ブラシで苔や汚れを取り除きます。

01f62a7761e7236d6caeb72401fd1a3dc6520b59db

そして洗った後、ハンマーで細かく砕きます。

01ca9c8c3f2db8e1051c94ba35e66234f3008eff0b

壁の裏側は、貝と砂を伏せ込み、押さえた後
洗い出し仕上げとしました。

0172027aaf69108a0eb3b54cf4737a18ea4713cce5

日々、斬新なデザインをプラスした、
あらたな施工法に挑戦し続ける左官。
イメージを伝えたら 『すすっと』デザイン
デザイン決まったら 『ぱぱっと』施工
素早い対応でみなさまのご希望にお答えします。
それが、八幡工業・ナチュラワイズです。

23722763_1523097621105538_3934179235815686588_n

Data

件名: その他 用途: 住宅
区分: 外装工事 エリア: エントランス,エクステリア
業務範囲: 左官工事,装飾

第26回 プロセミナー参加申し込み開始 「左官と漆喰」を学ぶ集い

2017.12.12   カテゴリー:NaturaY’s, イベント, 塗り壁体験会

大好評 !!
法人様、住宅にかかわるプロの皆様向けの企画

「左官」 と 「漆喰」 を学ぶ集い  第26回

新年は2018年 1月24日(水)
午前10時30分より開催いたします。

限定 10名様 * ランチ付きです

1・記念-399x299

*2017年 7月開催の様子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お施主様に 上質な「しっくい壁」を提案したい
左官材の特性や下地の作り方を含めて把握したい
そんなご要望にお応えする 内容充実のセミナーです。

会場:八幡工業 Natura Y’s(ナチュラワイズ)
東京都葛飾区西水元 2-11-17

01dda46b09faf6579000d46482216168fc3034baf0-300x225

自然素材の知識を知っていただく座学の講習のほか、
実際に漆喰に触れて、塗っていただくDIY体験会もあります。

013727742a90e9defbb089172bf1d64d6f15328fef

0192ed206ec490ed4e71bd714bcb887fd6079387d5

併設する しっくい カフェ SunY’s でのランチつきです。

IMG_0202

カフェ特製・前菜とパスタのランチコース例

…………………………………………..

●場所    八幡工業ショールーム 「Natura Y’s」

●参加費   ランチつきで 3000円(おひとり様)

●募集定員  10名様 (先着順でしめきりとなります)

お申し込み、お問い合わせは、

メール:info@iskcorp.com

または FAX:03-3544-4450

㈱イケダコーポレーション (担当:安田さん) まで。

*ナチュラワイズの紹介とお伝えください。

なお、人気企画のため、お早めのお申し込みをお願いします。

http://www.iskcorp.com/

0001 (1)

印刷して、FAXでお送りいただいても構いません。

プロセミナー第25回【スイス漆喰外壁経年変化ツアー】開催されました

2017.12.02   カテゴリー:NaturaY’s, モルタル造形, 塗り壁体験会

イケダコーポレーション様との共催企画、
建築に関わるプロ向けのセミナー第25回
【スイス漆喰外壁経年変化ツアー】
2017年11月22日(水)に開催されました!

2社2名様のご参加をいただきました。
ご来社くださいまして誠にありがとうございました。

いつにもまして盛りだくさんな内容で、
じっくりとスイス漆喰を体感していただきました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆スケジュール☆
1・『スイス漆喰について』
2・ショールーム見学
~~ ランチは、もちもち生パスタのイタリアンランチセット♪
3・スイス漆喰外壁施工物件視察
4・『外壁の施工方法、メンテナンス方法』
~~ コーヒーブレイク
5・塗り壁体験
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1・『スイス漆喰について』イケダコーポレーション
ご挨拶後、まずスイス漆喰の成分、
成分、歴史、特長等を資料をもとに詳しく説明。

1-1 1-2

2・ショールーム見学
ショール-ムからカフェへご案内いたしました。
カルクウォールの施工例として
実際に白い壁の照明効果や空気感を感じていただき、
漆喰の着色や掻き落とし、イタリア磨きなど様々な技法による装飾的な壁や、
モルタル造形による擬木や擬石を紹介いたしました。
お客様の施工の幅を広げるお手伝いが出来たら嬉しく思います。

見学後のランチタイムはショールーム併設のカフェにて。
メニューは、
野菜のコンソメスープ、
チキンロールの前菜プレート、
魚介のアンチョビマスタードパスタ。
弊社自慢の生パスタのランチを召し上がっていただきました!
カフェ内にもカルクウォールの内壁に擬木、擬石の施工があります。

L

3・スイス漆喰外壁施工物件視察
1件目の物件は築3年。
カルクファサードの外壁と玄関周りのモルタル造形をご覧頂きました。

2

2件目の物件は築6年、
塗り替えリフォーム施工前のパネル写真と
施工後をじっくり比較してご覧いただき、
リスクの回避、対策方法を八幡専務が具体的に説明いたしました。

4・『外壁の施工方法、メンテナンス方法』八幡工業
質疑応答も活発に交わされ
スイス漆喰「カルクォール」の魅力をよりお感じいただき、
是非リスクヘッジとしてお役立ていただけましたら幸いです。

3

講義後、コーヒーで一呼吸。
女性の参加者の方と女性スタッフがママさん談義で大盛り上がり!
子育てと、家庭を経験したからこその建築に関する仕事の遣り甲斐について会話が尽きませんでした。

5・塗り壁体験
一日見学していただいた漆喰の塗り壁に挑戦していただきました。
塗り壁の難しさと、楽しさをぜひ、
お客様にお伝えいただけたら嬉しく思います!

4

少々、ハードなスケジュールとなりましたが、

終始笑顔で楽しんでいただけたのが印象的でした!

一日、誠にありがとうございました。

5

 

pagetop