汚れを分解するカルクウォール。

2009.07.29   カテゴリー:漆喰

先日の雨上りに撮った写真です。

023

はっきりと虹が出ていましたが、夕方ということもあってか綺麗なんだけど、 ちょっと怪しげ な感じのする虹でした。 それにしても自然が作りだすものは人の心を捉えますよね。思わず車を止めて、撮っちゃいました。

さて今日は、このブログ内でシリーズ化しつつある、カルクウォールの特長についてです。今回で3回目になるかと思いますが、漆喰の持つ能力はまだまだ沢山あるんです。 このブログでは、なるべく実験をとおして漆喰の能力を皆さんに知ってもらおうと思っています。 よろしくお願いします。 では早速、今回の実験、 カルクウォールの汚れを分解する能力について の写真です。 どうぞ!!

075

7月8日。 はたして本当にカルクウォールが汚れを分解するのか スタートです。

076077

カルクウォールの上にコーヒーをかけました。  あら不思議。上から ふともも、膝、ふくらはぎ の様になりました。(笑)  とくに意味はありません。

010

実験開始から5日間 雨には当てず、太陽のよく当たるところに置いていた結果こうなりました。だいぶ薄くなっています。

086

7月21日の写真がなくなってしまったので、すいません飛ばして28日。開始から20日間でほとんど消えてます。

開始2週間目辺りから変化があまり見られなくなってきました。今後は1年位かけて少しずつ変化していくのでしょうか? 観察を続けたいと思っています。 今の時点では完全に元の状態に戻ったとは、言い切れませんね。しかし確実に汚れが消えていることは 確かです。 いろいろな説がありますが、どうやら太陽の紫外線と漆喰のアルカリ性とが化学反応を起こして、汚れが分解されるそうなんです。 理由はともかく結果として カルクウォールは汚れを分解する。 このことはわかりましたね。 実験したかいがありました。

完全に汚れが消えたら、また紹介したいと思います。(きっと消えます!)   でも、日付を書いた油性マジックは薄くなっていないような・・・。それも要観察ですね。

この記事に対するコメントはまだありません。

ご意見や質問等、お気軽にコメントください。

pagetop