沖縄紅型(びんがた)調の造形デザイン壁

2017.12.23   カテゴリー:NaturaY’s, モルタル造形, 左官事例

今回は、特殊な壁の制作を営業:斎藤がレポートします。

沖縄の美しい海と空が好きな施主からのリクエストに答え
クリスマスまでに完成をめざした葛飾区の住宅エントランスの造形壁。

01398fdff30a3dd3535c22a30ebf7c15d51b81452c

*デザイナー:谷が担当した、紅型調のデザインスケッチ

琉球びんがたは、14~15世紀頃に始まったといわれています。

紅型は琉球王府、首里、浦添を中心に、婦人の礼装として、
また神事に関する古式の服装として摺込みの手法で染められたのが、
琉球紅型のおこりだといわれています。

01a3bd06023333d8dafbe68af59fdc9042f3b6e943

※ 完成した作品

下地はブロック塀、周囲は外壁と同じ赤いブリックレンガタイル

01b086fd432c1495c54ab1678b5931cd588cfecf49

真っ白い塗り壁には、家族でビーチコーミング採取した貝殻

01e1169615b959cec57ead5e7a5a8bb4ecfc60f5f2

そして、大小さまざまなサイズの砂利が埋め込まれています。

015749b8c45be8704b1badcecb7564605bbf7c5a26

今回は初めての施工でしたので、
事前に会社の倉庫作業場にてテスト制作をしました。

0161637dc648c3c22ac1387a3e1a8721c29995a5d2

手順や乾き具合、模様の出来栄えを確認してOK!

22815342_1504379649644002_4426298192356478517_n

これはちょっとケルトの文様にも見えるデザインですね。

・・・・

そして、本番!

015d80704c134dd8ee48102150f0a7c5767835fbd1

植え込みをマスカーで養生
あらかじめ下地までは出来ていています。

01ff310c806c0cbb1b185722bedda8c66c042f2d64

造形用セメントの白に寒水石を混ぜて捏ねます。

01bddb0e09dcae2154a9500e5db81244b4353ff497

鏝でたっぷり塗ります。
ポイントは「フラットではなく、わざとでこぼこに塗る」のです。

011a0fa75cae129e6e06bb4bdbde32719c168fd2ba

01eb1a867bc741ad5f56bcbfd9a64f64742711f73e

モルタルが乾くまですぐにフリーハンドで
貝殻、石を張り付けて模様を作っていきます。

01cb9af217ba0a1f59b6fd5d89fcd016eebe6ef946

花、波模様、風 、植物 ・・・
リズムのある配置でいろんなものが表現されます。

012bbcf6ab3d50e3c1d521f5ad474cbab0736ea50c

全体のバランスを確認しながらノンストップの業です。

012f78e35e1fe76df2856c42b91f84c565d4b66835

締まり具合をみて 一気に「搔き落とし仕上げ」です。

01b57c454cb5a31e389a2ccf84db21749444e10093

全体像見ていただきます。
『たねあかし』です。
実は、八幡工業の吉彦専務の自宅でした。
工事は施主自ら行いました。

・・・・

おまけ(壁の裏側)

014f6fc589c30032748fc2455cc409385e372c76e8

アワビ貝は、キラキラの螺鈿にかかせないアイテム
酸に数時間漬け ブラシで苔や汚れを取り除きます。

01f62a7761e7236d6caeb72401fd1a3dc6520b59db

そして洗った後、ハンマーで細かく砕きます。

01ca9c8c3f2db8e1051c94ba35e66234f3008eff0b

壁の裏側は、貝と砂を伏せ込み、押さえた後
洗い出し仕上げとしました。

0172027aaf69108a0eb3b54cf4737a18ea4713cce5

日々、斬新なデザインをプラスした、
あらたな施工法に挑戦し続ける左官。
イメージを伝えたら 『すすっと』デザイン
デザイン決まったら 『ぱぱっと』施工
素早い対応でみなさまのご希望にお答えします。
それが、八幡工業・ナチュラワイズです。

23722763_1523097621105538_3934179235815686588_n

Data

件名: その他 用途: 住宅
区分: 外装工事 エリア: エントランス,エクステリア
業務範囲: 左官工事,装飾

この記事に対するコメントはまだありません。

ご意見や質問等、お気軽にコメントください。

pagetop