スイス漆喰と左官の造形技術による作品!

2017.12.23   カテゴリー:NaturaY’s, モルタル造形, 漆喰

葛飾のヨシウダ建築さんからのご依頼で
葛飾区内の住宅の内装工事を務めさせていただきました。http://www.yoshiuda.co.jp/

前回、外壁の漆喰+特殊造形を採用していただき、
施主様はもちろん、大工さんや他業種の工事関係者にも非常に好評をいただいたことで、今回は内装の漆喰とあわせて造形をご提案くださり、
ふたたび採用していただく結果となり大変光栄です。

http://www.yawata-sakan.com/blog/?p=15370 *前回のブログ

01d0ae8d7afbd70419f0b823b5d19464d17427d04a

造形完成後に、エイジング塗装の担当:谷が 色付けしているところです。

0108fc5345713d060fe7ce92d1db38051a4b99b494

工事の流れ
まずは、大工さんが石膏ボードで壁を作ります。

0136ce3cccedebecc33b997ec6f7ce18b442525a2f

玄関ホールの一部に造形を施し、スイス漆喰の壁と天井に
自然と馴染んだように仕上げる。

これは、スイス漆喰を熟知している左官+特殊造形の技術
両方をかねそなえた 八幡工業・ナチュラワイズならではの仕事です。

01aa4a8e0446f7aadfd0c82f374ed17c5866bb68cf

完成した玄関ホール

01d6a86412630751d95d896a4dc3bb3ee71bab03e1

ニッチの板とR型の梁が造形です。
周囲の白い壁および天井はスイス漆喰カルクウォールの鏝塗り仕上げです。

01f9d94addaa20e6131fb6efbe8f0b57d374d98ad4

本物の木と見まがう 木目、年輪も再現した擬木仕上げ
完全手作り一点ものです

01b8d3fc1881b17a7efa738565193522802f197373

レンガの色合いもお好みに合わせてカラーリングできます。

013e008f1477c379779e096a4cc03b0761a8134442

造形+エイジング塗装が終わったら
最後に目地材を充填し

01f2054eda31c7dc7b815bb50506d1b0e5d8be7ea3

はみ出した目地材をウエスで拭いながら
程よく汚し、自然な経年変化を作り出す。

01eb376c7f4537bcef6af91e91501caae0a2341bd7

もとが曲げ加工した石膏ボードだとは思えませんよね。

012c75ad1b7cd2d0520a6bfb2f45923aa6604dba94

これは企業秘密なのですが・・・

今回は造形モルタル材料をあらかじめ調色して彫刻しておいたので
塗装の際、既にベース色が付いていて施工時間が短縮できました。
いくつもの現場で培った造形班、塗装班の阿吽の呼吸のような連携。
こんなところにも八幡工業ならではの工夫とチームワークがあります。

次回は階段室、そして2階のリビングダイニングの
漆喰仕上げの全貌をご紹介します。どうぞ、お楽しみに。

01e6808592b66c8c20d3b97c610ce937cd61bc4f30

この記事に対するコメントはまだありません。

ご意見や質問等、お気軽にコメントください。

pagetop