ジョリパット トラバーチン仕上げ

2018.09.13   カテゴリー:ゼロから始める左官手帖, 八幡の職人, 左官事例

【 ゼロから始める左官手帖  その4 】

今年は秋があるといいなあ、玉置です。

9月7日 現場の職人さんからジョリパットの転写液が足りないとのことで

IMG_20180912_103539

千葉県かしわ沼南(しょうなん)の公園住宅展示場に届けて参りました。

何を隠そう私は6月に入社するまで五年ほどペーパードライバー、

免許を取って以来運転していませんでした。

入社以降、自転車でも行ける本社倉庫にちょくちょく車で行くことはありましたが

いきなり一人で1時間以上のドライブすることになりました。

IMG_20180912_110000

不安も多々ありましたが、初心者マークを盾に慎重に運転して現場まで辿り着きました。

到着して目的の転写液を渡し、作業を見せてもらえることに。

建物の周りにぐるりと足場が張り巡らされています。

登っていいものかわからなかったので地上から一周します。

平野さんが霧吹きで何かを吹きつけ、コテを滑らせていました。

霧吹き

お手元

IMG_20180912_111430

霧吹きの中身が転写液、ジョリパットのパターン仕上げに使うもので

この時やっていたのはトラバーチン仕上げだそうです。

トラバーチン?

「でっかいんだ、ここは」

と言われて見上げてみると一面塗り壁!

見上げ

霧吹きで広げるような材料が足りなくなるのも納得です。

建物全体を撮影してみると

全体像 加工

なかなかスマホのカメラに収まらない大きさ(笑)。

かなり後退しないと入りきりません。

実際に概算で450㎡、普通の家2戸分より大きいくらいだそうです。

この日は八幡の職人4人に助っ人2人の計6人の方が作業されていましたが、

足場を縦横無尽に行き来するので少し目を離すと誰もいなくなったりしていました。

ローラー

ローラーでも施工していました。

IMG_20180907_114644

刷毛で引いたよう、でも複雑な模様。

10月オープンとのことなので、大きな塗り壁のお披露目も間近に迫っています。

お近くにお住まいの方はかしわ沼南公園住宅展示場・ノーブルホームさん、

ぜひ覗いてみてくださいね!

https://www.housing-messe.com/kashiwashonan.html

*かしわ沼南(しょうなん)住宅展示場

Data

件名: 用途:
区分: エリア:
業務範囲:

この記事に対するコメントはまだありません。

ご意見や質問等、お気軽にコメントください。

pagetop